3部作(3/3) リーバイス501XX ビンテージ 革パッチ オーバーホールリペア&お任せリメイク、スペシャル版 ユーズド加工&汚し加工 完成形

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。


・インスタグラム復活しました、、、
アカウントは hands.on.denim です。

https://www.instagram.com/hands.on.denim/?hl=ja

さて、3部作の最後です。

前回の状態から、ユーズド加工&汚し加工を行いまして

最後に革パッチを付けました!

一体何日(じゃなくて何十日)掛かったか覚えていません。

もう最後は気力のみの作業です。

出し切りました!

それでは完成したのがこちらになります。

どうぞ!

※画像が非常に多いので、コメント少なめにします。

RIMG0178

パッチワークリメイクにユーズド加工&全体に汚し加工を行う事によって

パッチワークリメイクがベースの古着ジーンズに馴染んでいます。

パッチワークを繰り返して穿き込んで、ボロボロになったというストーリーを演出しています。

RIMG0179

RIMG0180

RIMG0181

RIMG0182

RIMG0183

ボロボロパッチワークリメイクのアップです。

RIMG0184

RIMG0185

RIMG0186

RIMG0187

パッチワークリメイクでは色んな生地を重ねています。

分厚いデニムを使うと、ガチガチになります。

薄手のシャツデニムを使う事で、少しでも穿きやすくなるように工夫しています。

それでも、ここまでやり込んでいるので多少の硬さはあると思いますが

そこは作品という目線でお願いします。

事前に依頼主にはこの件はお伝えしています。

RIMG0189

RIMG0188

左右前ポケットの解体リペアです。

生地が欠損していた部分は 近い色の古着デニム を移植しました。

RIMG0190

RIMG0191

リベット表は再利用に成功しました(6個全て)

先端の突起は裏からの貫通なので、通常はピカピカのはずが、、、

結構馴染んでいますね。

これはユーズド加工の影響でしょうね、、、多分

RIMG0192

後ろ身頃行きます!

RIMG0194

RIMG0195

スソのインシーム部分

解体リペアです。

インシームの立体的な部分を保っています。

(インシーム全体をリペアしています)

RIMG0193

お尻全体もボロボロパッチワークリメイクです。

後ろから見ても、非常にインパクトがありますね!

RIMG0196

RIMG0197

後ろポケットは全面補強済み

アーキュエイトステッチも新たに入れ直しています。

(アーキュエイトステッチ入れはリーバイス社限定です)

RIMG0198

RIMG0199

RIMG0200

ボロボロで朽ち果てそうな、オリジナルの赤タブです。

何とか縫い付けました、、、汗

RIMG0202

ビーフジャーキー状の革パッチです。

縮んで二回り位小さいですね、、、汗

裏から特殊テープで補強してから、縫い付けてみました。

針穴がボロボロに朽ち果てていたので、そのような処理となりました。

RIMG0203

バックセンター部分 解体リペアされたベルトループです。

再構築しています(全ベルトループを解体リペアしています)

RIMG0204

内股部分です。

もちろん解体リペアです。

RIMG0207

こちらも生地が欠損していたので

色落ちの近い古着デニムを移植しました。

RIMG0205

RIMG0206

解体リペアなので、インシームの立体部分を保っています。

RIMG0209

ウエストの帯上 エッジ部分です。

解体リペアなので、こちらも綺麗になりました。

(エッジが潰れていません)

ベルトループもオリジナルと同様にバンザイ仮縫いをしています。

RIMG0208

ボタンホールも全て専用ミシンでやり直しています。

フライボタンホール部分の比翼布も解体リペアです。

RIMG0210

ボロボロだった前立ての先端も綺麗になりました。

RIMG0211

前立ての裏側まで補強済みです。

オーバーホールリペアはここまでやります。

もう、単なるド根性ですね、、、苦笑

裏側を見ていきましょう。

RIMG0213

RIMG0214

生地が弱い部分は全面補強済みです。

RIMG0215

内股、小股、全部弱っていたので 全面補強済みです。

ガンガン穿いても破れないですよ!

(ジーンズで一番負担がかかる部分)

RIMG0217

スレキ(ポケット袋布)は新品交換しています。

RIMG0222

リベット裏は既製品に交換しています。

RIMG0216

持ち出し布はボタンを付けたまま、再利用しています。

よって、ボタンは表裏両方オリジナルです。

RIMG0218

表から見るとこんな感じです。

RIMG0221

オリジナルボタンをつけたままの Vステッチ縫い!

これはかなり難しかったです。

※普通に縫うとボタンが邪魔で、ここまでステッチが届きませんので、、、

新品ジーンズの場合はボタン後打ちなので、気にせずに縫えますよ。

RIMG0223

RIMG0225

お尻部分は全面補強済みです。

お尻というか、、、太もも部分まで全面です。

それだけ生地が弱っていました。

RIMG0226

RIMG0227

隠しリベットは外さずに残したままで

周辺補強をしています。

RIMG0224

スソはもちろんチェーンステッチ仕上げとなっています。

スソの三つ部分は補強リペア済みです。

以上でございます。

急ぎ足で解説させて頂きました。

当店のリペア技術、リメイク技術、ユーズド加工&汚し加工技術

全てを出し切りました!

ちょっと話題が反れますが、、、

このジーンズが完成した時に

アイイロ デニム ワークス さんが来店されました。

これはグッドタイミングと思い、このジーンズをお見せしました。

現物を見られて かなり感動されていました!

「もうこれは 完全にアートの領域」と言って頂きました。

素直に嬉しかったです。

その時の事を記念撮影しておけばよかったと、後悔、、、

(時間がなくて、バタバタでしたね)

スミマセン、、、話を戻します。

こちらの工賃ですが、、、

過去最高記録を更新しました。

リペア跡外し 10000円

オーバーホールリペア 100000円

お任せリメイク 40000円

合計 150000円(別途送料)

15万円です!

自分でも驚いています。

とうとうこの領域に来てしまったかと、、、

今回は職人感覚を使いながら、アーティスト感覚も使っています。

とても私の個性が発揮できた作品になったと思います。

※工賃が10万円を超える場合は手付金として

先にまとまった金額を頂くようにします。

今回は先に10万円頂き、完成後に残金を頂きました。

オーダー後のキャンセル不可とさせて頂きます。

納品後、喜びのメールを頂きました!

ほっと一安心、、、というか、、、

肩の荷がおりました。

工賃15万円のオーダーです、、、

プレッシャーが半端ないです。

今年もこんな凄いオーダーが来るのでしょうか?

楽しみにお待ちしております。

では!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加