新作ジーンズ S66(仮名)制作日記 その3 

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

FBで報告しましたが、、、

納期が少し縮まりました!

2ヶ月半位です。

私の予想ではもう少し縮まると思います。

夏場は依頼が減るので、、、多分、、、

さて、それでは

お待たせしております。

新作ジーンズの制作日記です。

(欲しい! という問い合わせもボチボチあって嬉しいです)

今回はタブについて書きたいと思います。

でも、全然違う方向に行ってしまうのですが、、、笑

そのストーリーもお伝えしたいので、、、

1940年代 大戦モデルの頃の赤タブというのは

染めの技術が悪かったのか?

使い込むと、色が退色するのです、、、

これはリペア時に外した赤タブですが、こんな感じになります。

リーバイス506XX(1stGジャン)の1940年代物です。

5

縫い込まれていない 刺繍部分 が更に色が薄いですね。

中には真っ白になってしまった物も存在します。

光に弱い染色だったのでしょうか?

専門用語を使うと、耐光堅牢度 が悪い製品ですね。

(詳しく知りたい方は 耐光堅牢度でネット検索してみてください)

そんないい感じに退色したタブをオリジナルジーンズに付けたいと

思っていました。

赤タブというのは既製品で存在します。

しかし、退色した赤タブなんてマニアックすぎて

どこにも売っていません。

正確に言うと、赤じゃないし、、、

何色なのでしょうか???

現代の染色方法で染めると

多分、真っ赤になってしまいます。

化学染料なので染まりが良いのです。

アパレルメーカーとしては、染色において

染まりが悪くて、不安定だと製品として使えませんし、、、

しかし、あえてそこを再現するには、、、

あれしかない!

天然染料です。

天然染料とは自然界から取り出した染料です。

(そのまんまです、、、苦笑)

染まりが悪いのが特徴です。

しかし、そのぼやーとした感じが

逆に味わい深いと思います。

実は、以前勤めていた 加工工場で そのような染色をかじっていました。

私は染色の職人ではありませんが、、、

会社内に染色職人さんがいて、そのサポート(手伝い?)もやっていました。

そこで、天然染料の事をちょっと聞いていたので、知識がありました。

(知識と呼べるレベルじゃありませんが、、、汗)

そして、天然染料で赤っぽい物を探します。

すると、、、

偶然にも 岡山県のとある地域で産出される

天然染料があったのです!

これには驚きました。

IMG_1004

ベンガラです!

(漢字で書くと、弁柄とか紅殻 だそうです)

ベンガラ?

知っている人は知っている

知らない人は全く知らないと思います。

(ややマイナーかな?)

せっかくなので、休日にベンガラの町に行ってきました!

当店の工房から高速道路を使って、約1時間半ほどで着きます。

IMG_0989

岡山県高梁市成羽町吹屋 に行ってきました!

小雨交じりの日に行ってきました。

足元はビーンブーツです、、、汗

吹矢ふるさと村 として岡山では知られています。

観光客もボチボチいました(雨の日だったから人は少なめ?)

まとめた動画もありました!

これを見ると全て説明されていますね、、、苦笑

でも、せっかく岡山に住んでいるので

現場の空気を吸いに?

行ってきましたよ。

IMG_1001 IMG_0997

また、おしっこを我慢しているような写真になっています、、、笑

写真は苦手です。

でも、行ってきた証拠が無いとね。

IMG_0993 IMG_0992

一番行きたかった、吹屋小学校

現存する日本最古の小学校だからです!

内装とか昔のままだと思うから、見てみたかったのです。

しかし、何と 修理工事中、、、涙

IMG_0996

こんな看板があったので、記念撮影しました。

平成32年3月に修理完了とのこと、、、

だいぶ先だなあ、、、汗

IMG_1005

こんなお洒落な建物を発見!

こうゆうレトロな感じ大好きです。

でも、誰もいなかったので中には入れず、、、汗

喫茶店かな?

IMG_1007 IMG_1017

当店のお客様(常連様)Tさんと行ってきました。

Tさん写真撮影ありがとうございました!

そして、Tさんは当店のリメイクジーンズを今でも大切に穿かれています。

この建物を背景にするとめっちゃいい感じです!

カタログの表紙みたいな、いい画像が撮れました!

(Tさん 脚も長くてお似合いです)

とても楽しいドライブ&観光でした。

岡山県内の方、岡山県までドライブされる方

吹屋ふるさと村 お勧めですよ!

日常生活では見れない、独自の風景が楽しめます。

あと、食事する所も数件あったので安心です。

(ベンガラ染めの体験とかもやっている所がありました)

スミマセン、、、

本題からかなり反れてしまいました、、、苦笑

では、戻ります。

IMG_0904 IMG_0905

タブに使う テープです。

レーヨン素材にしました!

これをベンガラ染めします。

IMG_0917 IMG_0920

こんな感じで、モミモミします。

今回、色止め剤は使いません。

その方が、色落ちしやすくて

退色のイメージに近いからです。

(使い込むにつれて、退色して欲しいから)

そして完成したのがこちら

IMG_5714

最初のリーバイスよりも色が薄いのですが

ちょうどイメージに近い感じになりました。

ベンガラ染めのタブが完成しました!

色がぼやーとしています。

これが天然染色のいい感じの部分。

恐らく、個体差がかなりあると思います。

その個体差も1点物っぽくて、味になるでしょう。

使い込むにつれて、白っぽい感じになるかな?

楽しみです。

実は、リーバイスの特許で赤タブの使用は禁止さています。

だから、真っ赤にしたくなかった! というのもあります。

(私みたいな個人事業主をあの世界的な大企業が訴えるとは思いませんが、、、苦笑)

これはサンプルで染めたので、濃いめかもしれません。

量産すると、もっと色が薄くなる可能性もありますが、

私はその微妙な薄い色を狙っています。

オリジナルの大戦モデルに存在するような

白への経年変化を狙っているので!

ジーンズ穿き込みの楽しみな部分です。

どうなるのでしょうか。

ワクワクしますね。

では!

hands-onのフェイスブックページを作りました。→こちらクリック
いいね で応援よろしくお願いします。

 

  ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加