リーバイス501XX 復刻 1955モデル 米国バレンシア工場 魅せるリペア+お任せリメイク

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

パソコンの修理が完了しました。

データやソフトも完璧に元に戻せました、、、喜

そして、動きが見違えるように良くなりました、、、感動

修理してくれた業者さまに感謝しております。

私も修理を仕事にしているので、お客様目線で感じる事が出来ました。

(バシッと直してくれると、感動しますね)

今回紹介するのは

魅せるリペア+お任せリメイクの合わせ技になります。

画像は全て完成したアフターのみとなります。

(画像が多いのですが、宜しくお願い致します)

どうぞ!

IMG_0376 IMG_0377 IMG_0362 IMG_0363 IMG_0364 IMG_0365 IMG_0366 IMG_0367 IMG_0368 IMG_0369 IMG_0370 IMG_0371 IMG_0372 IMG_0373 IMG_0374 IMG_0375 IMG_0379

それでは解説をします。

こちらはリーバイス501XX 復刻 1955モデル 米国バレンシア工場製です。

トップボタン裏 555 がその証です。

(2000年頃に生産されたジーンズです)

かなり穿き込まれたジーンズで

左右のヒザは入荷時から破れていました。

右後ろポケット下も破れていました。

更に、当店で新しいダメージ穴を空けてから

リメイクのミシンワークを行いました。

魅せるリペア+お任せリメイクの合わせ技です。

しかも今回は 完全お任せ だったのでとても悩みながらの作業となりました、、、汗

(このような感じでリメイクして欲しいなどの指示が無かった)

自分がこのジーンズを持っていて、

自分の好みでリメイクするなら、こんな感じするだろうなあと思いながら、、、

(この気分も、日によって変わるのですが、、、汗)

全体のステッチの配色

馴染む色と、魅せる色

ステッチのランダム感

クラッシュ穴の位置、形状、ダメージのストーリー

裏あてに使う生地の色、バランス

ジーンズに絵を描くようにリメイクミシンワークをしました。

最後に裏からの画像がありますが

クラッシュ穴の当て布では間を空けていません。

既製品のリメイクジーンズでは、クラッシュ穴だけを縫うので

穿き込むうちに、クラッシュ穴の周辺から破れる事が多いです。

(そのようなリペアを沢山やってきました)

なので、先に破れそうな部分の補強もしています。

(右後ろポケットは全面補強リペアもやっています)

こちらの工賃が全部まとめて 20000円(別途送料)

このような1点物のリメイク作品制作も行っています。

オーダーお待ちしております。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加