新作ジーンズ S66(仮名)制作日記 その2

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

依頼ラッシュが来ています、、、汗

・問い合わせの返信

・仮見積もりの案内

・入荷後の本見積もりの案内

・リペア&リメイクのアドバイス、提案などなど、、、

メール対応に追われています。

そうゆう訳で、作業が遅れています、、、汗

(全ての業務を一人でやっているので、しょうがないです)

納期は約3ヶ月だと思ってください。

ちょっと縮んだのですが、戻ってしまったような気がします。

ブログを更新している場合ではないのですが、、、汗

前回ブログの続きを書かないと、、、気が済まない。

(もう結果は出ているので)

楽しみにしているという声を頂いているので

ちょっと強行しますね。

それでは前回ブログで作成したデニムの筒にユーズド加工を行った結果です。

IMG_0661

ユーズド加工と言っても

色んなやり方があります。

(やり方ではなくて、手法と呼んだ方が良いかも)

メーカーさんはこうゆう場合、ユーズド加工をやっている工場に依頼します。

私も加工工場出身なので、工場さんに頼むことも出来ます。

しかし、あえて自分の手作業で行いました。

なぜか???

それは、色落ちの反応を目の前で感じる事が出来るからです!

(自分が加工職人だったという特権かもしれませんが、、、)

今回チェックしたかったのは

・染めの濃さ(深さ)、、、縦糸にどれだけインディゴ染料が浸透しているか?

・縦糸のムラ感、、、縦落ちに対してどんなムラ感が出ているか?

この2点です。

この2点をチェックする為の、加工を施しました。

やり方は、秘密です。

加工工場で現場を経験していないと出来ない事だと思います。

AとBは同じ工程で、同じ強さの加工を施しています。

そうしないと、結果の比較が出来ませんから。

それではアップで見ていきましょう。

IMG_0663

IMG_0665

AとBの違いがわかりますか?

私は明確にわかります、、、

そりゃそうだ!

自分で触っているので、、、苦笑

IMG_0668

IMG_0670

この角度はいかかでしょうか?

デニムの色落ち感は斜めから見た方が、わかりやすいです。

IMG_0672

IMG_0674

次にインシーム側の色落ちです。

(解説は最後にします)

光の反射で文字が見えにくいですね、、、上がA 下がB

IMG_0676

IMG_0678

インシームの斜めからの画像です。

画像は以上です。

ジーンズのメイキングを紹介するのに

生地の色落ち感をこのように加工で説明する人は、珍しいと思います。

私は加工工場で働いた経験を、活かしたいので

このようなやり方にしてみました。

ユーズド加工を否定する訳ではありませんが

実際に穿き込んで、これとまったく同じように色落ちするとも言えません。

穿き込みの表情と、加工物の表情は違います。

今回のポイントは AとBの違い。

両者の比較という部分です。

では、結果を書きます。

・染めの濃さ(深さ)、、、縦糸にどれだけインディゴ染料が浸透しているか?

これはインディゴの色落ち感(白い部分)の違いでわかります。

AよりもBが色落ちしていませんか?

よって Aの方がBよりも染めが濃い(深い)というのがわかりました。

(Aは特濃レベルでしょう、、、Bも濃いと思いますが)

穿き込みをした時に、このジーンズは中々色落ちしないよ、、、汗

というのがあると思います。

それは染めが濃い(深い)のが影響していると思います。

しかし、染めが濃い(深い)方が、色落ちした時の深みがあると思います。

(洗濯回数とかでも調整出来る部分なのですが、、、)

逆に染めが浅い方が、色落ち感が出やすく

穿き込みでの濃淡を出しやすいのもあります。

そんな感じでしょうか?

(洗濯しすぎると、あまり良くない感じかも?)

・縦糸のムラ感、、、縦落ちに対してどんなムラ感が出ているか?

これはハッキリと違いが出ましたね。

両者とも、縦糸にムラ糸を使っているので

ムラ感は十分に出ています。

しかし、Bの方が縦落ちの距離が長くないですか?

荒い縦筋が沢山出ていませんか?

(アウトシーム側の画像がわかりやすいです)

これには感動しました!

この縦落ち感はビンテージデニムのレベルではないかと?

大戦モデルの荒々しい、縦落ちのイメージに近いです。

加工テストをする前は

A生地が荒々しい縦落ちをする印象。
B生地が染めが濃い(深い)という印象。

A生地の方が気に入っていました。

しかし、この結果を踏まえて、、、

B生地の方が好きになりました!

染めの濃さ(深さ)よりも、やっぱりこの縦ムラはやばいです。

(論より証拠?、、、やってみて良かったです)

という訳で、、、

生地はB生地に決定します!

先程も書きましたが、、、

加工物と実際の穿き込みでは色落ちは違います。

なので、穿き込みでどのような感じになるのかも

非常に楽しみな部分です。

それでは!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加