私物紹介 リーバイス517 66前期モデル ビッグサイズ W42 L32 デッドストックを解体して別のモデルに変更してリサイズ

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

ここ数日はオーダーが落ち着いているので、作業の進行が良いです。

引き続き頑張って行きます。

それでは 今回紹介するのは私物ジーンズです。

リーバイス517 66前期モデル ビッグサイズ  デッドストック

(リサイズ目的で購入しました)

裏ブログで紹介しています。

こちらをクリック

そして、パターン(型紙)取りの為に購入したジーンズがあります。

リーバイス501 66後期モデル 古着

こちらも裏ブログで紹介しています。

こちらをクリック

そして、出来上がったパターン(型紙)がこちらです。

作成は児島の専門業者さまに頼んでいます。

リサイズベースが517のプリシュランク(防縮)デニムです。

今回のパターン(型紙)には縮率3%を入れています。

(全体的に3%大きめという事)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

さて、準備は整いました!

でも作業する時間がない、、、汗

1年位寝かせたような気が、、、

そして、今年の正月休みに作りました!

(私物なので、ちょっと駆け足になりましたが、、、苦笑)

まずは解体します。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

オリジナルパーツは再利用します。

内タグですが、縫い込みが深くて数字が隠れていました、、、汗

でも、これで数字の確認が出来ました。

4 6 2

月 年 工場です。

1976年4月 2工場製造となります。

※私は1975年7月生まれなので、、、

私よりも9ヶ月遅れて誕生したジーンズです。

まあ、ほぼ一緒です 何だか嬉しいですよね。

それではこれをパターン(型紙)通りにカットするのですが、、、

実は元見本501 66後期がジャストサイズでした。

そして、ちょっと太ってしまいました。

パターン(型紙)完成から 約1年のタイムラグがありまして、、、

ちょっと気が緩んだ???

という訳で、パターンから若干伸ばして裁断しました。

(感覚的にやってみました)

本当は業者さんに頼んで、1サイズアップしたパターンを作ってもらうべきです。

(私物なので、まあいいやという感じ、、、今回は時間が無かったので、、、汗)

そんなこんなで完成したのがこちらになります。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

こんな感じに仕上がりました。

縫製はオールコアスパン糸です。

オリジナルの66モデルを意識しました。

いつも、綿糸縫製なので たまには違う糸でもアリかと、、、

パッカリングの出方の違いも研究したいのもあります。

フロントがジッパーフライなのは、オリジナルパーツを使いたいので

そのようにしました。

(ボタンフライにするか、かなり迷いましたが、、、)

トップボタンホールはまだ開けていませんね。

この後、児島の工場に行って専用ミシンで開けます。

※紙パッチは割れそうだったので、裏からを補強テープを貼りました。

そして、ノリ抜き洗い後に試着すると

ありゃ、、、

ちょっとデカイ、、、汗

特にシルエットが、、、太いような、、、

やっぱり素人がパターン(型紙)をいじるべきでは無かった、、、涙

でも、リメイクでシルエット変更はやっているので

ここからもう一度修正すれば良いか!

という感じです。

それでもう一度、501 66後期のシルエットを参考にして

インシーム詰めのテーパード加工を行いました。

最終的な完成形がこちらになります。

※こちらはスソ上げ+洗濯をしているので、パッカリングも出ています。

IMG_0126 IMG_0128 IMG_0130 IMG_0131 IMG_0133 IMG_0136 IMG_0137

ビフォーとアフターで色が違うのは、撮影に使ったデジカメが違うからです。

(昔のが壊れて、買い直しました)

スミマセン、、、

今回はスソ幅20センチです。

これで 66後期のテーパードシルエットを楽しめます。

今までずっとXXのズドーンなストレートシルエットを穿いてきたのでかなり新鮮です。

ピッタリフィットは気持ちが引き締まります。

※今回制作したジーンズですが ウエストが34インチ位です。

それに対して、スソ幅が20センチというバランスになっています。

66モデルのオリジナルがそれ位なんです。

昨今のテーパードシルエットジーンズの人気で

現代のテーパードジーンズだと、スソ幅18センチ位が主流だと思います。

(細身が定番になりつつあります)

517-66前期の生地で、501-66後期のシルエットジーンズが完成しました。

(イメージ的には505の66前期モデルに近いかも?)

そして、デッドストックからの穿き込みは、テンションが上がります!

どんな色落ちに育つのでしょう?

ワクワクします。

では!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加