リーバイス501JXX 超ビッグサイズ W78 L45インチ? デッドストックを完全解体して、別のモデルに変更してリサイズ

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

※今回の依頼ですが、超スペシャルメニューです。

依頼されるにはある条件があります。

・過去に当店を利用された事がある方

・来店されて、直接会って打ち合わせが可能な方

この二つとなります。

どうかご理解の程、よろしくお願いします。

それでは紹介するのはこちらになります。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

デカイ!!!

なんじゃこりゃ!

大きさがわかりやすいように、依頼主さまにジーンズを持って頂きました。

(ご協力ありがとうございます)

Exif_JPEG_PICTURE

サイズは多分、、、

W78 L45 インチです。

1インチ2.54センチなので

W198 L114 センチです(小数点は四捨五入)

人間の穿けるサイズじゃありませんね。

これは広告用ジーンズでしょう。

でも、これが意外にデッドストックで残っているんです。

(着用出来ないから、当然そうなります)

リーバイス501JXX ギャラ入り ビンテージです。

このジーンズのウンチクは裏ブログで紹介しています。

こちらをクリック

今回の依頼ですが、、、

・このジーンズを完全解体します。

・依頼主さまが所有のジーンズを借りて、型紙を作成します。

・その型紙で解体した生地を裁断します。

・その裁断したパーツで新たにジーンズを制作します。

(ボタン、リベットなど なるべくオリジナルパーツを再利用します)

というとんでもない、手間な事を今回やってしまいました、、、大汗

依頼主さまが持参されたジーンズは リーバイス606E ビンテージです。

こちらは裏ブログで紹介しています。

こちらをクリック

606Eの型紙(パターン)制作は自力で出来ません、、、涙

なので、児島の専門業者さまにお願いしました。

ここで難しいのが、生地の縮率です。

501JXXデッドストックの正確な縮率がわかりません。

予想した数値で当てはめます。

(501XXのリジッドは 8~10%の縮率だと言われています)

特にウエストサイズは大きめにしないと

縮んで穿けなくなりますので、、、汗

例えば、生地の縮率が8~10%

ウエスト80センチで穿きたい場合

8%縮むと-6.4センチ

10%縮むと-8センチ

ということは88センチで作っておけば大丈夫???

そうゆう計算になります。

しかし、それは机上の空論、、、汗

生地の縮み率と実際のパンツの縮んだ長さは違ってきます。

これは経験がものを言う、作業なんです。

なので、今回のリジッドデニムのパターン製作は非常に難しい。

量産ジーンズを作る場合は、

試作品→ノリ抜き洗い→採寸→パターン修正 これを事前に行います。

しかし、1点物のデッドストック生地です。

それが出来ません。

この依頼には、このようなリスクがありますので

(ある意味、勘に頼った作業です)

どうかご理解の程、よろしくお願いします。

606Eはフロントがジッパーフライですが

それをボタンフライに変更しています。

(元が501XXなので、パーツ再利用します)

その他の細かいディテールも全て指示がありました。

注文がかなりあったので

最終的には、ジーンズを制作時に

工房に来て頂き、目の前で作業するという流れになりました。

(関東方面から岡山に泊まりで来られました、、、感謝)

そんなこんなで完成したジーンズがこちらになります。

IMG_0001 IMG_0021 IMG_0028 IMG_0030

ディテールの紹介をする前に、ざっくりと説明します。

全体のシルエットは606Eのスリムタイプ

ディテールは501XXビンテージという感じです。

バックヨーク逆高(1937年モデルにあった超レアなディテール)

※裏ブログで紹介しています→こちらをクリック

バックセンター右高(元の仕様のまま)

縫製はオール綿糸です。

(オレンジとイエローの使い分けも狙っています)

ステッチの番手もなるべく501XXビンテージと同じようにしました。

ボタン、リベットなどのオリジナルパーツは出来る限り再利用しています。

あと、後ろポケットは依頼主が持参された551ZXX(505の原型)

ビンテージ古着から型を抜きました。

※この型抜き作業は依頼主にやって頂きました。

せっかくなので、物作りの体験です。

(アーキュエイトステッチ位置が上なのも狙っています)

それではディテール画像をご覧ください。

IMG_0003 IMG_0004 IMG_0005 IMG_0007 IMG_0009 IMG_0011 IMG_0013 IMG_0029 IMG_0014 IMG_0015 IMG_0016 IMG_0018 IMG_0020 IMG_0022 IMG_0023 IMG_0024 IMG_0025 IMG_0026

こんな感じに仕上がっています。

※オリジナルパーツの再利用が出来なかったのは

リベットと隠しリベットの裏側(凸側)になります。

(リベット表側は再利用しています)

それ以外のパーツはオリジナルのままです。

レングスはかなり長めにしました。

生地が沢山あるので、贅沢に使わせて頂きました。

でも、ノリ抜きして10%縮むかもしれないので

短いと不安ですからね。

そして、完成したジーンズを穿いて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

トップボタンホールはこのあと、児島のジーンズ工場に行って開けました。

(当店はボタンホール専用ミシンを持っていません)

こちらの画像が出来立てホヤホヤになります。

依頼主さま「大きめになって、ちょうどいい感じですよ!」

私「ノリ抜きして縮ませるまで、安心できませんが、、、汗

縮んでも、大丈夫なくらいの大きさですね」

※納品後に ノリ抜き洗いをされたそうで

ウエストサイズも狙い通りになったそうです。

これからスソ上げで再入荷します。

ノリ抜き後をチェックするのが楽しみです。

501XXのデッドストック生地から穿き込み出来るのか、、、

いいなー、、、 これは私の夢です。

(しかも自分の好きな形と近いサイズに出来る、、、)

ビンテージ、レプリカなど関係なく デニムが好きな方の夢かもしれませんね。

いつか私も叶えたい。

※今回の依頼ですが、超スペシャルメニューです。

依頼されるにはある条件があります。

・過去に当店を利用された事がある方

・来店されて、直接会って打ち合わせが可能な方

この二つとなります。

どうかご理解の程、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加