リーバイス506XX(1stGジャン)ビンテージ レアなTバック仕様 オーバーホール級のリペア ボタン、リベット表の再利用  全ステッチの補強リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

前回ブログで、作業が順調だと書いたら

急に依頼が増えております、、、汗

納期遅れしないように頑張ります!

今回紹介するのはこちらになります。

まずはリペア前のビフォー画像です。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

次に解体した画像です。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

最後にリペア後のアフター画像です。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

それでは今回の説明文です。

こちらの依頼品はリーバイス506XX(1stGジャン)ビンテージ

背中がTバック仕様の非常に珍しい品です。

これは古着市場でもかなり高額と聞きます。

(1stGジャンビンテージの1.5倍位するみたいですよ、、、汗)

こちらの詳しい説明は裏ブログで紹介しています。

こちらをクリック

製造されたのは1940年代終盤(1947年以降)でしょう。

全体的にかなりボロボロに弱っていました、、、汗

(前回投稿した リーバイスの2nd Gジャンよりも激しいダメージです)

そのままリペアだと綺麗に直せないと判断しました。

出来る限りのパーツを解体するオーバーホール級のリペアとなりました。

解体した部分ですが、、、

・エリ

・左右カフス

・左右ソデ全体

(ボタン、リベットの表は再利用)

・左右フロントプリーツ

・フロントの前立て、ボタンホール

・ウエストベルトのボタンホール

という感じです、、、大汗

解体リペア後に再構築しています。

そして、ボタンホールは専用ミシンで開けなおしています。

ボタン、リベットの表側再利用も行っています。

オール綿糸仕様のビンテージ物なので

全ステッチの補強リペアも行っています。

(目立たない細くて強い糸を使っています)

こちらの工賃ですが 80000円(別途送料)

※とてつもない時間と手間暇を掛けていますので、、、

納品後に喜びのメールを頂きました、、、(ほっとひと安心)

頂いたメールのコピーです。

いやー本当に凄いです!感動致しました!
想像を遥かに超えた出来でビックリしました!
大大大満足です!
山口さんにお任せして本当に良かったです!
本当にありがとうございました!
あんなにボロボロだったのに…
これからガンガン着させて頂こうと思います。
今後ともよろしくお願い致します!

私も嬉しいの一言です。

頑張った甲斐があります。

これが仕事のやりがいなんですよね。

(貴重なビンテージデニムなので、後世に残して欲しいです)

ちなみに今回のような、オーバーホール級のリペアは

納期3ヶ月以上でお願いしております。

おそらく、半年位お待ちいただいたような???

そのような案件です。

(こちらもじっくりと取り組みをしたいので、ご理解ください)

よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加