hands-on オリジナルジーンズ 3rdモデル(初期の12オンスデニム) 自分で穿き込み約2年です。

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

沢山のジーンズの色落ちを展示する denimba展2017 が大阪で開催されます。

詳しくは こちらをクリック

私もそのイベントに参加しようと思います。

3月3日、4日、5日の開催ですが

私は仕事の都合で3月5日(日曜)のみの参加となります。

その日は終日いますので、ご都合の合う方ご来店お待ちしております。

その時に当店のオリジナルジーンズも持って行きます。

3月5日の1日限定ですが、、、汗

今回は展示スペースに限りがあるそうなので、展示は遠慮しますね。

(denimbaさんメインの展示会です)

見たい方は私に声を掛けてください。

今回紹介するのは、その持って行く予定のジーンズです。

これは自分用に作った物です。

※3rdの初期モデル 12オンスバージョンです。

12オンス生地の生産終了になったので

現在は同じ生地の14オンスバージョンで作っております。

旧ブログで制作日記をいくつか書いています。

気になる方は こちらをクリック

約2年間の穿き込みになります。

どうぞ!

Exif_JPEG_PICTURE

洗濯回数多めです。

2週間に1回は洗っています。

(仕事でガンガン穿くので、、、)

天然藍 ロープ染色 独特?

スカッとした鮮やかな青になっていると思います。

Exif_JPEG_PICTURE

ぼやーっとヒゲが出ました。

Exif_JPEG_PICTURE

右ひざから外側の色落ちが進んでいます。

ミシンの押さえレバーが当たるからこうなるみたいです。

(職業的な色落ち部分)

Exif_JPEG_PICTURE

左太ももです。

縦落ちしています。

ランダムなムラ感があります。

(画像だと伝わりにくいですが、、、)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

スソです。

オリジナルに合わせてシングルステッチにしています。

縫い縮みのパッカリングが出ていますね(喜)

綿糸で縫うからこうなるのかな?

ユニオンスペシャル43200G のような斜めのウネリにはなりませんが、、、汗

Exif_JPEG_PICTURE

フロント部分です。

Exif_JPEG_PICTURE

股リベットです。

リベット先端の凹みがいい感じです。

銅無垢なので、色もくすんでいます。

Exif_JPEG_PICTURE

右前ポケット付近です。

コインポケットに独特のアタリが出ています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

途中で鉄製の月桂樹ボタンに替えました(デッドストック)

サビが最高にカッコ良いです!

(早くサビを出したくて、長時間水に浸けました)

まさにビンテージの風格です。

このボタンの在庫ありますよ!

打ち込みは1か所1000円

交換は1か所1500円(元の穴埋めリペア代込み)

となっております。

※当店のオリジナルジーンズに最初から付ける場合は

1か所+500円にしています。

全部だと7か所で+3500円です。

Exif_JPEG_PICTURE

後ろ身頃いきます。

Exif_JPEG_PICTURE

オールシングルステッチ縫製だから?

縫い代のパッカリングは弱めです。

フラットな印象です。

Exif_JPEG_PICTURE

革パッチの経年変化もいい感じです。

洗濯時に鉄ボタンのサビが付いてしまいました。

鉄ボタンにすると、このような事が起こるかもしれません。

ご理解ください。

(この革は表面加工無しなので、汚れがすぐに付きます)

Exif_JPEG_PICTURE

バックポケットです。

マイクロピッチステッチの雰囲気が出ています。

やはりパッカリング弱めです。

Exif_JPEG_PICTURE

シンチバック部分

このシンチ金具は採用を中止しました。

(納品後、針が外れる事が多かったので)

※現在は1stに使っていた、鉄のシンチ金具を使っています。

Exif_JPEG_PICTURE

ヒザ裏のハチの巣はほとんど出ていません。

(洗濯が多いと、ここにシワが定着しません)

Exif_JPEG_PICTURE

ここの表面的な色落ちが好きです(マニアック)

この生地のムラ感が良くわかります。

点と線の縦落ちが見れます。

Exif_JPEG_PICTURE

裏側です。

あえてオーバーロック処理をしない

切りっぱなしを採用しています。

(当時と同じ仕様にしたかった)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

こんな感じでボソボソと生地の解れが出てきます。

しかし、表部分には影響ありません。

やはりマイクロピッチのステッチが生きているのでしょうか?

ステッチは解れていません。

(当時のジーンズ作りが合理的だったのがわかる)

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタン裏です。

ボタン裏も鉄製です。

このように経年変化します。

つやが無くなって、いい感じです。

以上です。

3rdモデル 基本工賃 30000円(別途送料)
鉄製の月桂樹ボタン仕様 +500円×個数になります。

納期は2か月程かかっております。

オーダー後のキャンセル不可なので、工賃は先払いです。

オーダーお待ちしております。

hands-onのフェイスブックページを作りました。→こちらクリック
いいね で応援よろしくお願いします。

 

  ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加