リーバイス502 66ビッグE オーバーホールリペア+お任せリメイク+テーパード加工 加工途中&アフター

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

新規オーダーストップ中にて、ご迷惑をおかけしております。

申し訳ございません、、、

(問い合わせの返信は1/9以降となります)

それでは前回ブログの続きです。

オーバーホールリペアによって解体された状態から

全面パッチワーク加工を行います。

そして、ジーンズの再構築をしながら

インシーム部分のテーパード加工を行います。

(かなり複雑な工程を踏んでいます)

出来上がりがこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

生地が弱っている部分の補強もバッチリですね。

しかし!

これで完成ではありません、、、汗

この状態から、パッチワークをボロボロにします。

ボロボロダメージ加工です。

このボロボロダメージ加工ではこの状態からジーンズに負荷が掛かります。

この負荷に耐える事を想定してのオーバーホールリペア&補強だったのです。

(なのでアウトシームも開いてきっちりと補強しています)

という訳で、、、

ボロボロダメージ加工が加わって完成した

最終フィニッシュがこちらになります!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

もう大迫力なジーンズの完成です。

当店のあらゆる技術を使い果たしました!

完成した時にはもう抜け殻のように

疲れ果てていました、、、大汗

全部出し切った!という感じです。

ボロボロダメージ加工のアップを見ていきましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

更にアップで見ていきましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

パッチワーク部分の色が抜けることにより

ベースになった古着デニムとの一体感が増します。

解れの風合いなどもいい感じに見えてしまいます。

そして、オイル染みやペンキ散らしの汚し加工も演出しています。

(この加工に正解はありません、感覚的な仕事です)

お尻部分も全体的にやっています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみに後ろポケットは生地が弱っていたので

全面補強リペアをしています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

内側を見ると、こんな感じになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右のスソです。

(ピンボケでスミマセン、、、汗)

Exif_JPEG_PICTURE

インシーム詰めのテーパード加工を行っています。

スソ幅は17センチに仕上げています。

Exif_JPEG_PICTURE

裏側を見ると、生地が弱っていたので広く補強リペアをしています。

スソはもちろんチェーンステッチ仕上げです。

Exif_JPEG_PICTURE

お次は前ポケット入口です。

解体リペアなので綺麗な仕上がりだと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

リベット表の再利用に成功しています。

(6か所全部成功しています)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

前ポケットの内側からです。

スレキ(袋布)を新品に交換しているので

こちら側も綺麗な仕上がりだと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

股部分も解体リペアをしています。

解体リペアなので綺麗な仕上がりだと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

裏側から見るとこんな感じです。

フロントジッパー下側の 持ち出し というパーツも丁寧に外しています。

裏側からも確認しましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

前身頃はヒザ上から完全に全面補強リペアです。

(アウトシーム付近も弱っているので全部補強リペアしています)

Exif_JPEG_PICTURE

お尻もこれだけの広範囲の補強リペアをしています。

(お尻じゃなくて、太もも裏側まで全部?)

Exif_JPEG_PICTURE

後ろポケットの付け根は、カン止め(カンヌキ)で処理しています。

非常に長い説明になってきました、、、大汗

最後にもう2枚画像の紹介をします。

納品後、依頼主さまが当店に来店されました(感謝)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

納品したジーンズを持って来てくださったので、

目の前で穿いて頂きました!

試着姿を確認できて嬉しいです。

テーパード感もピッタリで良かったです(ほっとひと安心)

依頼主さま曰く、、、

このジーンズを穿いて街を歩くと

かなり視線を感じるそうです!

このリメイクジーンズはかなり目立つと思いますよ。

道行く人が、何か凄いジーンズ穿いている!と思うでしょうね(笑)

穿かない時も部屋に飾って、見て楽しんでいるそうです。

まさにアート作品! だと言って頂きました(感謝)

いやー、、、

頑張った甲斐があります。

ハンズオンの魂がこもった作品です。

後世まで残してほしい一品です。

(帯裏に当店のタグを縫い付けております)

こちらの工賃ですが

オーバーホールリペア 80000円

インシーム詰めのテーパード加工 6500円

お任せリメイク(パッチワーク&ボロボロクラッシュ加工) 30000

汚し加工(オイル、ペンキなど色々) 4500円

合計 120000円(別途送料)

当店の依頼品で開業以来、最高金額です。

今年もこんな凄いスペシャルオーダーあるのかな?

今回依頼品の納期は3ヶ月と決めずに、作業をさせて頂きました。

(多分、6ヶ月位かかりました)

これは完全にアート作品作りになっているので、

時間を気にしていては、良いものが出来ないです。

自分の納得出来るまで、試行錯誤しています。

なので、これだけの工賃を頂いておりますが

採算がなかなか合わないですね、、、汗笑

通常作業とは切り離して、別ラインでの制作となります。

ご理解の程、よろしくお願いします。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。

hands-onのフェイスブックページを作りました。→こちらクリック
いいね で応援よろしくお願いします。

 

  ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加