リーバイス S501XX(大戦モデル)復刻(米国バレンシア工場) 太ももとお尻の全面補強リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

いい感じに色落ちしたジーンズです。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

左右太ももの色落ちしている部分の生地全体が弱くなっています。

破れた部分のみをリペアしてもあまり意味がない状態です。

(リペア後にすぐに周辺から破れるでしょう)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

後ろ身の色落ちもバッチリでいい感じですが

左右お尻の全面補強リペアが必要になっています。

破れていませんが、破れる寸前位の弱りようです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

裏ブログではございませんが、、、

一応、ウンチクを書かせて頂きます。

リーバイスのジーンズで コインポケットにリベット無しで

パッチ表記が S501XX になっているので

通称 大戦モデルです。

(復刻版になります)

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタン裏の刻印が 555

米国のバレンシア工場製を意味します。

今は亡き 米国バレンシア工場

(閉鎖したのが、2003年)

バレンシア工場製の価値も高まってきています。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

内タグをチェックします。

555のプリントの隣に 1099 とあります。

1099とは 1999年10月製造を意味していると思います。

ビンテージブーム期に買われた物だと思います。

今でも大切にされているのですね。

実はバレンシア工場復刻のリペア依頼も多いのです。

2033年以降は バレンシア工場製もビンテージ扱いになるのでしょうか?

今でもお持ちの方は大切にして欲しいです。

リペア後がこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

左右太ももの全面補強リペア

破れ穴は強力リペアで穴埋めしました。

※アウトシームは開いていません

(最後に裏から補強範囲をお見せします)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

強力リペアによる穴埋めですが、、、

縫込み量が周辺よりも多いので、それなりの硬さは出ます。

しかし、これくらいの大きさだと気にならないと思います。

がっぽり大穴に対する強力リペアはお勧めしませんが

この程度の破れだったら、お勧めします。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

左右お尻の全面補強リペア後です。

(最後に裏から補強範囲をお見せします)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

当店では左右お尻の全面補強リペアの際には

後ろポケットを部分的に外してから作業をします。

※一番弱っているのが、後ポケットとお尻のキワになるからです。

(最も色落ちが進行している部分)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

最後に裏からご覧ください。

当て布がグレーで判りにくいかもしれませんが、、、

こんな感じで広範囲に補強をしています。

今までは破れそうなのを気にしながら穿いていたと思いますが

もう安心です。

ガンガン穿いて、ガンガン洗濯してください。

こちらの工賃ですが

左右太ももの全面補強リペア 8000円

左足の破れ穴 強力リペア 3000円

左右お尻の全面補強リペア 6000円

合計 17000円(別途送料)

とても依頼の多いリペア内容だったので

(当店の定番リペアです)

ブログで紹介させて頂きました。

こつこつと10年以上穿き込まれて

もう全体が破れそうでやばいな、、、という物も

このように全面補強リペアをすれば

復活しますので!

オーダーお待ちしております。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加