デラックスウエアのジーンズ お任せリメイク10000円コース+その他リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

いきなりのアフター 完成形です。

(ビフォー画像取り忘れで申し訳ございません、、、)

お任せリメイク+リペアの合わせ技となっております。

ペンキ散らしとオイル染みは元から入っていました。

セルフカスタムがお好きな依頼主のようです。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらのブランドはデラックスウエアです。

デラックスウエアは個人的に好きなメーカーです。

物作りに対するこだわりはもちろんなのですが、

自社工場を作って、自分達でジーンズを量産しているというそのスタイルに尊敬します。

その動画があるのでご紹介します。

当時のミシンを集めてきて、自社工場で量産されています。

岡山のデニム業界にもミシンマニアの人はいますが

実働するビンテージミシンを全部揃えて、更にジーンズを量産している人は居ないのでは?

(サンプル1本を全部ビンテージミシンで縫っている人は知っています)

これはかなり凄い事だと思います。

いつかこのOLDACTに行ってみたいです。

しかし秋田県なので、、、遠い、、、

それではもう少しアップで見ていきましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

今回のリメイクイメージは当店のHPの見本から選んで頂きました。

それを元に私の感性で製作しました。

私の考えるリメイクというのは

プラス、マイナス、ゼロという三つの見え方を重視します。

Exif_JPEG_PICTURE

上から貼り付けたパッチワークリメイクです。

これはプラスです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

くり抜きをして裏からデニムを貼っています。

これはマイナスです。

Exif_JPEG_PICTURE

上の部分、、、横糸残しに叩きミシンをしてある部分。

これがゼロです。

(デニムの表面をそのままにステッチ)

このプラス、マイナス、ゼロ 3つの要素が組み合わさるリメイクをすると

ジーンズというキャンバスに立体感が出てくると思います。

(リメイクに正解は無いので、個人的な意見です)

全体のバランス感は私の感性で製作しています。

このデザインを考えるのに非常に時間が掛かります。

(デザイン料も工賃に込みですので)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

スソは綿糸のチェーンステッチ仕上げになっていました。

綿糸は経年劣化するので、このようになります。

(特にチェーンステッチは裏から切れますので)

綿糸を全部解いて新たに縫い直しのリペアも可能ですが

経年劣化の風合いを残す場合は、このような細くて目立たない強い糸で

補強ステッチをします。

(影武者ステッチとも呼びます)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

お尻の下部分ですが

元からあった細かいペンキ散らしの部分がダメージになっていました。

依頼主がわざとダメージを入れたのかもしれません、、、

Exif_JPEG_PICTURE

裏から見るとわかりやすいです。

このように点々とリペアをしています。

全部ピンポイントダメージなので、周辺補強は必要ありません。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

左右後ろポケットは全面補強リペアを行っています。

物が入った跡もありますので、全体の強度UPが必要でした。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

裏から見るとこんな感じです。

Exif_JPEG_PICTURE

ポケットの付け根は隠しリベット仕様でしたので

隠しリベットは外さないで、付け直しています。

(ビンテージ仕様のジーンズでは重要なディテールですから)

以上です。

こちらの工賃が

前身全体のお任せリメイク 10000円

スソと後身全体のリペア 10000円

合計20000円(別途送料)

納品後、依頼者さまから喜びのメールを頂きました、、、(ほっとひと安心)

お任せリメイクは完全にお任せになりますが、、、

オーダーお待ちしております。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加