リーバイス502 ビンテージ 66前期モデル 全体的に色々なリペア トップボタンの移動など、、、

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

リーバイス502 ビンテージ 66前期モデルです。

こちらの詳しい解説は裏ブログにて行っています → こちらをクリック

今回は画像が非常に多いです。

説明はなるべく簡単にしますので、よろしくお願いします。

Exif_JPEG_PICTURE

左右ヒザが破れています。

今回は当て布にデニムを使って、破れ穴を魅せるリペアにして欲しいとのオーダーです。

そして左右太ももの生地が広範囲に弱っています。

色落ちしている部分は殆どですね。

全面補強リペアを行います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右のスソです。

ここもダメージが出ています。

ステッチを解いてから、リペアします。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右お尻ですが、ポケットの上側が弱っています。

物を頻繁に出し入れすると、ポケット上~バックヨーク部分が弱くなります。

Exif_JPEG_PICTURE

横一線にダメージが出ています。

これは元々からの織り傷が原因だと思います。

ビンテージデニムではよくある織り傷ですが

(当時は織り傷はB品になっていたのでしょうか?)

ちょうどお尻の部分に来ていて

ダメージが広がっていますね。

ここはピンポイントでリペアをします。

Exif_JPEG_PICTURE

内股の付け根です。

ここもエッジ部分にダメージが出ています。

綺麗に直したいとの事なので

解体リペアをします。

Exif_JPEG_PICTURE

こんな感じに解体をしています。

前後左右 4分割しています。

Exif_JPEG_PICTURE

ウエストがちょっときついそうです。

ちょっとだけきつい時は裏技があります。

ボタンを外して、外側にずらして付け直すのです。

これで1.5センチほどウエストが大きくなります。

Exif_JPEG_PICTURE

ボタンを外すと、付いていた部分に穴が空きます。

よって穴埋めリペアを行います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

外したボタンです。

ボタン裏 16 でした。

レアな16ボタンです。

そして、ボタンはこのような2本爪で打ち込まれています。

今回は表が綺麗に外れたので、表側は再利用出来そうです。

裏側は既製品に交換をします。

Exif_JPEG_PICTURE

左右後ろポケットも外します。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ポケット付け根の下地が弱くなっているから

補強リペアをします。

それではリペア後がこちらになります。

Exif_JPEG_PICTURE

左右太ももは全面補強リペア済みです。

最後に裏からお見せします。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右ヒザ穴は魅せるリペア仕上げです。

破れ穴のみにデニムを使っています。

周辺補強は薄い生地になっているので

穿き心地も問題ないと思います。

今回のイメージは当店のHPから選んで頂きました。

(リメイク専用ページのNoも参考になると思います)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右スソは解体リペアです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタン表側の再利用に成功しました!

外側にずらして付け直しています。

元の穴はリペアで穴埋めしました。

これでちょっとだけウエストが広がりました。

キツキツで穿ける方の場合だと

ちょっと広がるだけで、ウエストが楽になるんですよね。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右バックポケット上

右お尻下側をリペアしています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

こんな感じです。

上手く馴染んだと思います。

こちらも最後に裏からお見せします。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

スソのカカト側です。

ステッチ跡もなるべく一致させています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

スソ縫いはもちろんチェーンステッチ仕上げです。

Exif_JPEG_PICTURE

股の解体リペア後です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

解体リペアなので、縫い代の立体感を保っています。

(そのまま縫ってしまうと、潰れてしまいます)

周辺も広範囲に補強をしています。

Exif_JPEG_PICTURE

裏から見るとこんな感じです。

左右太もも~前股まで全面補強リペアをやっています。

そして、後股~お尻に向かっ弱い部分の補強リペアにもつながっています。

Exif_JPEG_PICTURE

内股の付け根部分のアップです。

全て解体して、再構築をしているのが良くわかると思います。

非常に手間暇を掛けてやっています。

Exif_JPEG_PICTURE

お尻の裏側です。

Exif_JPEG_PICTURE

横一線の折り傷によるダメージはこのように周辺補強をしています。

Exif_JPEG_PICTURE

後ろポケット付け根の補強した部分に

再びカンヌキ留めを行っています。

これで強度はバッチリだと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

最後に前身の裏側です。

左右太もも~股に掛けてかなりの広範囲に補強をしています。

補強布がグレーなのでわかりにくいと思いますが、、、

ビンテージジーンズですが

ガンガン穿いて、ガンガン洗濯して、

普段の日常着として活躍すると思います。

私自身も、普段からこのように補強リペアをした

ジーンズを穿いていますが、ビンテージだと意識せずに

普通にガンガン使っています。

(アウトドアで遊んだりするのにも使っています)

こちらの工賃が

左右太ももの全面補強リペア 8000円

左右ヒザ穴の魅せるリペア 5000円

前後股の解体リペア、周辺補強 10000円

左右お尻上の解体補強リペア 6000円

右お尻ダメージのリペア 3000円

左右スソの解体リペア 6000円(チェーンステッチ仕上げ)

トップボタンを外側に移動 2000円(ボタン表再利用が成功の場合)

合計 40000円(別途送料)

オーダーお待ちしております。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加