リーバイス 501ZXX 復刻 (LVC54501) 前後股の解体リペア 周辺補強

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

IMG_7169_1600

リーバイス 501ZXX 復刻 革パッチです。

LVC 54501 という品番です。

1954年製の501を復刻しましたという意味ですね。

最近知った事なのですが、

リーバイス初のジッパージーンズは501ZXXではなくて

503ZXX(ボーイズサイズ)だったようです。

1951年頃にデビューしていたそうです。

子供サイズで試験的に販売したのでしょうか?

ジッパー不良など、生地が縮むデメリットが出そうな気もしますからね、、、

(当時は防縮のプリシュランクデニムを開発していなかった)

そして、1954年に大人用の501ZXXが販売開始となったようです。

(裏ブログじゃないのにウンチクを書いてスミマセン、、、汗)

それでは、リペア前画像です。

IMG_7167_1600

IMG_7168_1600

前股がピンポイントで破れています。

自転車に良く乗るので、それが原因かも?

と言われていました。

上の画像を見ると、お尻の部分もサドルで擦れたような跡がありますね。

IMG_7170_1600

なるべく綺麗に直してほしいとの事だったので

解体リペアをします。

501ZXXなので、ジッパーフライです。

ボタンよりもジッパーの方が作りが難しいですね、、、

直すのも難しいです。

左右がジッパーでつながったままの作業となります。

リペア部分を平らに出来ないので、手間仕事です。

それでは出来上がりがこちらになります。

IMG_7171_1600

IMG_7172_1600

IMG_7173_1600

IMG_7174_1600

解体リペアなので、縫い代の立体的な部分も保っていて

綺麗な仕上がりだと思います。

※前後股の縫い合わせはキッチリと合わせていますが

これがビンテージ物になると、元からズレているので

わざとずらします。

当店のFBページにこの事をアップしています→こちらクリック

今回のリペアでは縫込みの糸にもこだわってみました。

インディゴ染めで中白の糸です。

穿き込むほどに色落ちするのです。

※この特殊な糸ですが

当店には染めが濃いのと通常のと2種類持っています。

今回は穿き込まれた物だったので、通常版にしました。

ほとんど色落ちしていないワンウオッシュレベルのリペアには

染めが濃いのを使うようにしています。

(最近、染めが濃いバージョンも増えました)

という訳で

この部分のリペア跡は穿き込む程に

ステッチ糸が周辺に馴染むという計算です。

当店のFBページにこの事をアップしています→こちらをクリック

IMG_7175_1600

裏からもどうぞ。

こんな感じで生地が弱っている部分を補強しています。

内股を前後、左右、生地を4分割した状態でリペアしてから再構築しています。

かなりの数をこなしていて、慣れてはいますが

やはり時間はかなり掛かります。

全てが手間な作業ばかりですから、、、

IMG_7176_1600

ピンポイントの破れの原因は この先が尖っているパーツです。

このパーツは 持ち出し と呼ばれています。

前股の破れの原因のほとんどが、持ち出しです。

そのまま縫いこむと、更に硬くなるので

やはり解体リペアをするべきだと私は思います。

(リペア方法に正解は無いので、絶対ではありませんが、、、)

こちらの工賃が10000円(別途送料)

ジッパーフライの 前股解体リペア はやや高めに設定しています。

納品後にお客様から嬉しいご連絡を頂きました!

IMG_7330_1600

メールじゃなくて、FAXです。

しかもこの達筆、、、凄いでしょ!

いつも、この味のある文章でオーダー時にFAXを頂いております。

この温もりのある感じに私は感動しております。

(メールは苦手なので、手書きFAXにして欲しいとの事、、、)

文中にあるように denimba展2016 に今年は参加出来ません。

去年とはちょっと状況が違っていまして

泊りで出張というのが出来ません。

(5月末に東京の浅草で開催されるジーンズの展示会です)

本当に申し訳ございません。

常連さまからも denimba展2016 の事を聞かれるので、

先にアナウンスさせて頂きます。

しかし、私のジーンズは展示してくださるとの事です。

denimbaさん 本当にありがとうございます。

Exif_JPEG_PICTURE

この方とは 去年の denimba展2015 で初めてお会いしまして

その後、オリジナルジーンズのオーダーもして頂きました!

その際に、当店のオリジナルジーンズの生地には

織り傷などが入っている事もあります、よろしいでしょうか?

(昔ながらの製法で作っているので、織り傷がどうしても出る)

とお聞きしたら、こんなFAXを頂いたのです!

この達筆で和歌もたしなんでいるなんて、、、凄いです。

あまりに感動したので、FAXは額縁に入れて飾っています。

これはアート作品だと思います。

(お名前は画像処理させて頂きました)

いやー 凄い人と出会ってしまいました。

この方が何者かはもちろん知っています。

ここでは書けませんが。

hands-onを開業してから、本当の色んな人との出会いがあって

毎日がワクワクで楽しいです。

これからも当店のご愛顧よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加