D&G(ドルチェ&ガッバーナ)のジーンズ お任せリメイクなど 合計28000円

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

最近はお任せリメイクの依頼が減ってきたので、ブログで紹介が出来ていませんでした。

開業当時は色々と余裕があったので、お任せリメイクというよりは

オーダーリメイクの方向性でやっていました。

お判りだと思いますが、リペアと違ってリメイクというのは色んな仕上がりが出来ます。

ダメージ方法、ステッチワークの方法、パッチワークに使う当て布の種類など、、、

よって、こちらの業務は作業時間よりも打ち合わせに時間や労力が必要となります。

お客様「このジーンズを○○のようにして欲しい」

私「依頼品を○○のようにすると、こうなりますが、大丈夫ですか?」

お客様「それじゃ、ここは○○のように変更できますか?」

私「このようにすると、予算オーバーしそうですが、大丈夫ですか?」

お客様「それじゃ、ここはこうゆう風にしてもらえますか?」

このようなメールのやりとりが何回も何回も続きます、、、

(こちらはイメージを伝えるために画像を添付したりして、それも大変です)

リメイクの仕様が決定するまでに、

一人のお客様と1週間位ずっとメールのやり取りとかもしていました、、、汗

これはちょっと商売にならないな、、、という率直な感想が、、、

(お客様にとっては嬉しいサービスだとわかっていますよ)

この打ち合わせの時間を作業工賃として計上すると、大変です。

見た目はシンプルなリメイクなのに、工賃5万円とかになります、、、汗

ちょっと前置きが長くなりましたが、今回の依頼主さまは

県外からご来店して頂きました。

リメイクの依頼で来店して頂くと、非常に助かります。

直接会話って非常に重要です。

メールでは伝えにくい、ニュアンスを伝えることが出来ます。

ニュアンスというのは具体的ではない、何となくという表現です。

リメイクに正解はありません、、、

正解が無いので、作業が具体的になりません。

感覚的になります。

そうゆう意味でニュアンスが重要になります。

文章を書きながら、私もよく訳がわからなくなってきました、、、汗

それでは、今回のお任せリメイクはいきなり完成形で行きます!

どうぞ!

Exif_JPEG_PICTURE

※これはオイル&ペンキ汚し前の画像でした。

間違ってこれを保存していました、、、汗笑

ベースはユーズド加工がされたジーンズでした。

古着のリサイクルショップで購入されたそうです。

(最近、ブランド古着のリサイクルショップが多いですよね)

出来上がりの詳細画像をたくさんUPしますので、ご覧ください。

※こちらはオイル&ペンキ汚しをやっています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

後ろ身頃は元から破れ穴がありましたので

(ダメージやクラッシュはやっていません)

それを魅せるリペアで仕上げています。

Exif_JPEG_PICTURE

D&G ドルチェ&ガッバーナのジーンズです。

Exif_JPEG_PICTURE

革パッチを外してからリペアして、革パッチを付け直しています。

(解体して魅せるリペア)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

後ろポケット際のダメージなので、ここも後ろポケットを外してから

魅せるリペアをしています。

(地味に手間な部分)

いかかでしょうか?

今回のお客様のオーダーイメージは

グランジ感のあるダメージ&リメイクデニムです。

グランジ感ってなんでしょうね?

私は横糸がぐちゃぐちゃになっていて

それがアートっぽく見えるようなイメージをしました。

なので、太ももはそのぐちゃぐちゃを

あえて表現してみました!

普段から、綺麗に縫うのを仕事でやっていると

このぐちゃぐちゃ縫いは難しくなります。

加工工場勤務時代、、、リメイクジーンズ作りを始めた頃は

リアルにミシンが下手だったので、、、リメイクが上手かったのかも?

(ヘタウマという奴です、、、子供の描く絵に感動するような)

今回はヘタウマを狙ってみましたが

どうでしょうか?

依頼主から、

「このジーンズはロックバンドのステージ衣装にしようと思っているので

ガンガンにやってもらってOKですよ」

とも言われていました。

派手にして目立つくらいがちょうどいいと、、、

なので、私の中でロックミュージシャン的なイメージも落とし込んでいます。

オイル&ペンキ汚しはもうちょっとやっても良かったかな?

なんて思っていますが

汚しをやり過ぎると、そっちに目がいって

ミシンワークの迫力が劣ってしまうのです。

そうゆうバランス感覚もあります。

完全お任せのリメイクです。

正解がないから、めっちゃ悩む、、、

めっちゃ悩むが、それを通り越すと

作るのが楽しくなってくる。

自分がカッコ良いと思えばそれが正解なんて事は言えませんが

(お客様がカッコ良いと思うのが正解)

自分の感性を信じて作業するのみです。

こちらの工賃が

前身のお任せリメイク 20000円

後身の魅せるリペア 5000円

ペンキ&オイル汚し加工 3000円

合計 28000円(別途送料)

納品後、喜びの声を頂きました(ほっとひと安心)

お任せリメイクは1点物の作品作りだと思ってやっています。

全てをお任せしても良いという方、、、

オーダーお待ちしております。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加