リーバイス501XX ビンテージ 1946モデル 左右前ポケット解体リペア、スレキの交換、リベット表再利用 など、、、

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

前回ブログで「ちょっと納期に余裕が」 とか書いてしまったから?

いきなりの依頼ラッシュで、いつものテンパりモードでした、、、汗

さて、今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

リーバイス 501XX ビンテージ 1946モデルです。

まさにお宝ビンテージジーンズ!

こちらのウンチクは裏ブログに書いたので

詳しく知りたい方は→こちらをクリック

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右前ポケット全体にダメージがあります(コインポケットや向こう布も)

こちらは綺麗に直したいとの事なので、解体リペアをします。

Exif_JPEG_PICTURE

スレキ(ポケット袋布)は生成りのコットンスレキです。

(わかりにくいですが、そのままでリペアをされた跡があります)

これを大戦モデル風に、違う生地に変えて欲しいとのオーダーです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

凄いリペアが施されています、、、

入荷時からこのようになっていました。

(当店のリペアではございません)

スレキを外すには、この部分のリペア跡を全部外さないといけませんね、、、

アウトシーム部分が完全に縫いこまれていて、潰れています。

(硬い部分をそのままで縫込みなので、もうガチガチ、、、)

ちょっとこれを見た時点で、疲れてしまいました(汗笑)

頑張って、このリペア跡を外したいと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタンが通常のリーバイス刻印ボタンです。

こちらを月桂樹ボタンに変更して

大戦モデル風に変えて欲しいとのオーダーです。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

それでは早速、ボタンを外してみました!

普段見れない、ボタンの内部もお見せします。

(マニアさん必見?)

1950年代に入ると、打ち抜きタイプなのですが

40年代はこのような軸に巻き込む形状のようですね。

これだと、表側の再利用は100%可能だと思います。

(今回は再利用はしませんが、、、)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

当店の在庫する、鉄製のドーナツ型 月桂樹ボタンです。

二本爪の部分も鉄製ですよ。

(ボタンメーカーの倉庫に眠っていた、デッドストック)

今はこのようにピカピカですが、

これを付けてから、洗濯を繰り返すとある変化が起きます。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

サスペンダーボタンにして、私物ジーンズで経年変化のテストを行っています。

(多分、取り付けてから 5回は洗濯したとおもいます)

もうサビサビです、、、まるで本物のビンテージのよう!

(水に濡れると、未加工の鉄はサビます、、、常識かな?)

でも、何とも言えないカッコ良さがあります。

ボタンのサビがカッコ良いという時点でマニア向けなんですがね、、、苦笑

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

とてつもない時間をかけて

このようにフロントのポケット部分を解体しました。

両サイドのアウトシーム部分を解くのは本当に面倒でした、、、大汗

無理に引っ張ると、元のデニム繊維が破壊されるからです。

デニムの繊維を崩さないように、かなり慎重にリペア外しを行いました。

リペア外しだけでも1日じゃ終わりません、、、数日掛かっています、、、涙

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

外したリベットです。

刻印が中央よりのタイプは裏側が無地です。

下側の凸部分の再利用が出来ないかな?と思って

挑戦してみましたが、、、

6個中、2個しか綺麗に外せませんでした。

難しいですね。

Exif_JPEG_PICTURE

綺麗に外した下側の凸リベットです。

わかりやすいように横から撮影しました。

上からプレスで潰されて、このような形状になります。

このまま再利用をしても、潰れたリベットは役目を果たしません。

(見た目は付いているように見えますが、締まりが足りない状態)

リベットを元の伸びた状態に伸ばす

特殊な金属加工技術 が必要だと思います。

これはかなり難しい技術かと思います。

今後の宿題にしたいと思います。

しかし、1950年代の鉄製の銅メッキリベットだと更に加工が難しそうです。

専用の機材とか揃えると、大変な額になりそうで怖いです。

(そこまでのニーズがあるのかもわからないし、、、)

万が一、それが実現しても加工代が幾ら? になるのでしょう、、、

(リベット1か所で数千円レベルかも?)

Exif_JPEG_PICTURE

磁石を近づけても反応しません。

よってこれは銅製です。

1950年代中盤から鉄製の銅メッキリベットに変更になるようです。

(旧ブログでもこの事は何回か書きました)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

数年前にリメイク用に使った生地が残っていました(喜)

硫化染めのヘリンボーンツイルの生地です。

これと同じものが購入した生地屋に存在するかわかりません。

(この生地は今回のリメイクで使い切りました)

アーミーグリーン色の硫化染めの生地って、古着にマッチするんですよね。

この風合いがたまりませんね。

※硫化染めの説明は今回は省略します。

(染色工場の知り合いも多いので、染めも結構詳しくなりました)

詳しく知りたい方はとりあえず 硫化染め で検索してみてください。

これを今回のスレキ交換用の生地に使いたいと思います。

これを依頼者さまに見せたら、かなり喜ばれていました。

(是非、これを使ってほしい!との事)

そんなこんなでリペア&リメイクをしたのがこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

解体リペアなので、綺麗な仕上がりだと思います。

作業場の蛍光灯がかなり明るいので

光の反射でリペア糸が目立っていますが

実際はもう少し馴染んでいるかと思います。

(見た目と同じようにする撮影が難しいですね、、、)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

両サイドシームも解体リペアなので綺麗な仕上がりです。

シーム部分の立体感も取り戻しました!

46モデル特有の長いサイドステッチの再現もしています。

Exif_JPEG_PICTURE

リベット表側の再利用は全部成功しました。

下から突き抜けている、突起部分は新品のリベットです。

今はこのようにピカピカですが、銅無垢なので時間の経過で馴染みます。

Exif_JPEG_PICTURE

今から半年位前にテスト用にリベット表の再利用をした

私物のジーンズの(501XX革パッチ ビンテージ)コインポケット部分。

ローテーションで穿き込み中の物です。

付けたばかりの頃はピカピカでしたが

もうこんなに色が変化して、周囲に馴染んでいます(喜)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右前ポケット入口の裏側です。

新品に交換したので綺麗な状態になっています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

交換したトップボタンです。

経年変化で下のドーナツボタンと馴染むことでしょう。

(サビさせるには、洗濯で水に浸けないといけませんよ)

Exif_JPEG_PICTURE

裏側です。

ボタンを外すと、穴が空くので叩きリペアで穴ふさぎをしています。

これでガッチリとボタンが付いています。

Exif_JPEG_PICTURE

裏からもどうぞ!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

グレーの当て布が当店でリペアした部分になります。

リペアの境目を作ると、そこから破れるので

補強も広めにしています。

Exif_JPEG_PICTURE

既製品のリベットに交換したので、裏側はこのように無刻印になります。

以上です!

なんだかんだで、今回は長いブログになってしまって疲れた、、、

こちらの工賃ですが

リペアステッチ外し 10000円(これでも採算度返しです、、、涙)

左右前ポケット全体の解体リペア 12000円

(ポケット下の周辺補強、コインポケット、向こう布リペア含む


左右前ポケットのスレキ(袋布)交換 7000円(当店の在庫生地を使う場合は生地代無料)

新たに仕入れる場合は生地代が+α

リベット表の再利用成功 500円×6か所

トップボタンを鉄製月桂樹 ドーナツボタンに変更 1000円(穴ふさぎリペア500円、ボタン交換500円)

合計33000円(別途送料)

こう見ると非常に高い工賃なのですが、、、焦

この仕事は作業時間=工賃です。

(ここを値切ると、私も生活が成り立ちませんので、、、)

ご理解の程、よろしくお願いします。

オーダーおまちしております。

hands-onのフェイスブックページを作りました。→こちらクリック
いいね で応援よろしくお願いします。

 

  ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加