リーバイス 501ZXX  ビンテージ ギャラ入り? 前ポケットの解体リペア、内股詰めリメイク など色々 ビフォー&解体

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

納期を縮めたくて、ユーズド加工を中止したのですが、、、

今はリペア依頼が急増中です、、、(汗)

中々、納期3ヶ月から縮まりそうにありません。

スソ上げアタリ出し加工は納期1か月でやろうと検討中です。

(その納期でちゃんと上がりだしたら、ブログで報告します)

さて、今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

リーバイス 501ZXX ビンテージです。

軽くディテール紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

パッチが全く無いので、年代は確実ではありません。

ループズレなので

革パッチの後期型(1954年~55年)

紙パッチギャラ入り(1955年~62年)

どちらかです。

これが501XXだと、フライボタン(小ボタン)の刻印で判別出来ますよね。

ではダメージ部分を見ていきましょう!

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

ガッツリ破れていますね。

綺麗に直したいとの事なので、解体リペアをします。

スレキ(袋布)もボロボロなので新品に交換します。

※ビンテージ物なので、リベット表側の再利用に挑戦します。

(そのようなオーダーでした)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

左右太ももが色落ちしていて、全体が弱いです。

こちらも全面補強リペアをします。

※左右ヒザ部分にリペア跡がありますが、そのままで追加リペアをします。

リペアの縫込みが高密度過ぎて、こうなると外せません。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

さて、今回の依頼で難しいのがシルエット変更です。

スソはなるべく詰めずに、ヒザ~太もも~股上までを全体的に詰めて欲しいとのオーダーです。

これは当店でも初の試みです。

大丈夫でしょうか?

(しかも貴重なビンテージジーンズ、、、汗)

今の技術で出来る限りの事はやってみます。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

左右のスソです。

(どれがどれか、わからなくなりました、、、焦)

丁寧に解体してリペアをします。

Exif_JPEG_PICTURE

右後ろポケットにもダメージがあります。

こちらも丁寧に解体してリペアをします。

というわけで、ここから解体画像です。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

普段見れない隠しリベットの表側です。

フラットな皿形でした。

当店の独自の調査ではここが

UFO型だと革パッチ

皿形だと紙パッチでした。

なので、こちらはギャラ入り紙パッチの可能性が高いです。

スミマセン、新ブログではウンチク少なめにすると言いましたが、

今回はウンチクが多いです。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

こんな感じで色々と解体しました。

カテゴリーはオーバーホールが良かったかも?

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

スレキにサビが付いています。

リベットが鉄製でしょうか?

Exif_JPEG_PICTURE

外したリベット表側

くすんでツヤが無くなっています。

Exif_JPEG_PICTURE

裏側です。

こちらの見た目は銅製っぽいですね。

Exif_JPEG_PICTURE

磁石にピタッと付きました!

鉄製の銅メッキです。

裏ブログで書いたネタなのですが

1953年を境にリベットが銅製→鉄製の銅メッキに変わるようです(多分ね)

というわけで、ブログが長くなりすぎたので

出来上がりのアフターは次回ブログに書きます。

では!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加