リーバイス501 66前期 1973年10月 6番工場 スレキスタンプ最終型? スモールe均等V 

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのはこちらです。

超まっ紺、、、

ワンウォッシュデッド?

極上品でした、、、凄いです。

(リベット裏のリペア依頼でした)

小股にカンヌキ有り

XXではありません。

ボタンフライなので501

ウエスト上下チェーンステッチ(トップボタン横は平行ステッチ)

リベット裏アルミ

ビッグEの可能性もあります、、、

フライボタン 通常R

足長Rだったら、ビッグEですね(マニアックな判別方法)

なので、スモールeでしょう、、、

ボタン裏は 6 でした。

ここは定番です(念のために確認)

アウトシームがセルビッチ付き

赤耳以前のビンテージです。

66モデルか赤耳モデルに絞られました!

後ろ身頃も 超まっ紺!

パッチも綺麗に残っています!

501の上に、、、

CARE~ の小さい文字が、、、

これがあると内側に ケア表記 があります。

後で、チェックしましょう!

バックポケット裏がシングル。

赤タブはスモールe

という訳で、、、66前期モデル!

ちなみに、Vの幅が左右均等だったので

均等V!

スモールe の均等Vは 研究中です、、、苦笑

結構、幅広い年代で見つかっています。

なので、ここだけでは年代は絞れません。

さて、パッチに CARE~ 表記があったので内側をチェックしましょう!

この66前期は スレキスタンプでした!

66前期は内タグが多いのですが、初期はスレキスタンプですね。

※66ビッグEから66前期(スモールe) への移行時期です。

赤線部分に注目です。

10 3 06 → 月 年 工場

1973年10月 6番工場製

というのが読み取れます。

ここで過去ブログをご覧ください。

こちらをクリック

今回の501と同じ製造年月、同じ工場でありながら、、、

内タグでした!

という事は、、、

501のスレキスタンプから内タグへ移行したのは

1973年10月じゃありませんか?

(移行期がどれくらいあったのか、わかりませんが)

これは嬉しい発見でした!

ジーンズのコンディションが良くないと

タグの印字が読めないので、今回の個体は最高でした。

ご依頼、ありがとうございました!

最後にアウトシームの縫製をチェックします。

チェーンステッチでした。

ビッグEの場合はここがシングルステッチ

スモールeの場合はここがチェーンステッチ

という事が多いみたいです。

参考までに、、、

66モデルは 内側のケア表記によって

製造年月がピンポイントでわかるので

検証しやすいですね。

引き続き、データが取れたら報告したいと思います。

では!

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »