リーバイス 501ビッグE フロントV字ステッチ ボタン裏6番 コインポケット裏シングル

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのはこちらです。

デッドストックからの穿き込みだそうです。

羨ましいですね。

ビンテージデニム愛好家だったら、一度は経験したい事ですから、、、

このヒゲの雰囲気は最高にカッコ良いです。

リジッド(生)穿きだったのでしょうか?

ヒゲのエッジが綺麗に出ています。

繊細な縦落ちをしています。

ビンテージデニムなのは間違いありませんね。

後ろ身頃を見ていきましょう!

今回はいつもとちょっと趣旨を変えて、色落ちメインで見ています。

(ビンテージデニムの デッドストック穿き込み は中々出会えませんので、、、)

お尻周辺もいい感じに色落ちしています。

ヒゲが腰の部分まで伸びています、、、驚

デニムの加工工場では 延長ヒゲ なんて呼び方をしていました。

こちら側だけがそうなっています。

何かの生活習慣だったのでしょうね。

面白い色落ちです。

では、ディテールをチェックします。

赤タブは ビッグE です。

Vの幅は左右で不均等(通称 不均等V)

アーキュエイトステッチはオレンジ色でピッチが細かいです。

ポリエステルのスパン糸だと思います。

(まったく糸切れもしていません)

この時点でXXの可能性は低いです。

フロント部分をチェックします。

ここで年代がほぼ決定出来ます。

後ポケットに隠しリベット無し

トップボタン横が Vステッチ(ウエスト上シングルステッチ)

ビッグEの前期型ですね。

トップボタン裏は 6 でした。

6はテキサス州のエルパソ工場です。

小股部分もチェックします。

カンヌキはズレていません。

1966年のWネーム期よりも後だと思います。

最後にコインポケット裏をチェックします。

チェーンステッチでした。

以前のブログで

ウエスト上シングル=コインポケット裏シングル の法則かも?

と書きましたが、いきなり 例外が出ましたね、、、苦笑

こちらをクリック

以上の事から、、、

この501ビッグEは 前期型のVステッチだけど、、、

後期型(平行ステッチ)への移行期です。

アーキュエイトステッチとコインポケットの縫い方がその理由です。

沢山の501ビンテージを見てくると、どんどん細分化出来るようになってきました。

このようなディテール変更の流れを読み取れるのがとても面白いです。

では!

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »