リーバイス501ZXX 革パッチ初期型 グリッパー片爪(ピンロック)サイドステッチが長い 隠しリベット裏15刻印

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのはこちらです。

いい味が出ています!

もちろんリーバイスのビンテージジーンズです。

トップボタンがシルバーでジッパーフライ

501ZXX もしくは502 に絞られます。

いきなりでスミマセン、、、

隠しリベット付きです!

501ZXXですね。

刻印が薄っすらと見えます、、、15だと思います。

今回のブログはこの15工場がポイントになりそうです。

リベット裏は銅色です。

これでギャラ入り紙パッチ以前(1962年以前)だと思います。

革パッチ(1954年以前)の可能性もあります。

トップボタン裏に刻印はありませんでした。

形状はフラットですね。

もう少し年代が進むと、トップボタン裏にも刻印が入るようになるみたいです。

ジッパーフライをチェックします。

グリッパーを採用していました。

片爪(ピンロック)仕様なので、、、初期型です。

ここは両爪(カムロック)仕様が多いと思います。

ここでも年代が古いのがわかります。

チェックする順番が前後して申し訳ございません。

サイドステッチが非常に長いです!

501XXだと 47モデル(1947年~52年)に多いディテールを採用しています。

これで革パッチは確定なのではないのしょうか?

1954年にデビューしたと言われる501ZXXです。

47モデルの特徴的なディテールを持っているのが不思議ですね。

後ろ身頃をチェックします。

パッチがありませんが、、、

ベルトループも広幅でセンターセットです。

ここまでのディテールで 革パッチを確信しました。

501ZXXの初期型ですね。

1954年のディテールでこうゆう仕様もあったのですね。

※ベルトループが通常幅になって左にオフセットでも革パッチが存在します。

革パッチの最終モデルはそうなっています。

赤タブはボロボロなのですが、、、

両面タブだと思います。

刺繍の欠片が見えると思います。

1954年デビューなので片面タブの可能性は非常に少ないです。

※マニアの方から501ZXXの片面タブを見た事ある と聞いた事がありますが

私は現物を見た事がないので、本当かどうかわかりません、、、

2年位のタイムラグだったら、片面タブの在庫処理で使ったかもしれませんね。

さて、、、

最初に書いた 隠しリベット裏15の件です。

過去ブログの 501XX 革パッチにも同じタイプがありました!

こちらをクリック

このブログをチェックすると、15工場はサイドステッチが長いという共通点を書いています。

今回の501ZXXにもそれが当てはまりました!

そうゆう法則になっているのでしょうか?

引き続き、この件は調査していこうと思います。

では!

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »