リーバイス501XX 紙パッチギャラ無し 中期型 ボタン裏J 赤タブ均等V

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

極上のミントコンディション!

まっ紺のデニムです。

これは裏ブログで紹介するしかないでしょう。

ボタンフライで隠しリベット付きなので 501XXです。

リベット裏がアルミ素材です。

これでギャラ無しのXXだと言われています。

隠しリベットに刻印はありません。

これよりも古い年代になると、刻印があるようです。

もちろんVステッチ入りです。

個人的にこの鋭角Vステッチが好きです。

ボタン裏は J の刻印でした。

J は比較的多い刻印です。

これがのちに 2 になると聞いたことがあります、、、多分

スソです、、、これはオリジナルのチェーンステッチだと思います。

(スソ上げされていない長さ)

アウトシームが捻じれていますね。

縫製も雑です、、、ビンテージらしい感じ。

後ろ身頃をチェックしていきましょう!

パッチが残っていますよ。

501XX 紙パッチギャラ無し モデルでした。

紙パッチがクッキー状に割れて、扱いが怖かったです、、、汗

Made in USA の表記があります。

紙パッチギャラ無しですが、この表記で年代が違います。

前期 表記なし

中期 Made in USA 表記

後期 100%COTTON Made in USA WPL423 表記

このような変化をしています。

なので、このギャラ無しは中期型だと思います。

赤タブです、、、もちろんビッグE

Vの幅は左右均等です、、、通称 均等V

これは前回ブログとの比較で書きました。

こちらをクリック

前回ブログの紙パッチ表記が消えています、、、涙

恐らく、中期 Made in USA 表記で

今回と同じ年代だと思います。

ボタン裏 J だから 均等V?

どうなのでしょうか?

センターループはど真ん中です。

ギャラ無しになるとループ幅が細くなってフラットになります。

労働着からファッション着への変換期というのを感じます。

アーキュエイトステッチです。

角度が深くてXXらしい部分です。

画像では分かりにくいですが、イエロー綿糸を使っていて目立ちます。

ここも非常にいい感じな部分ですね。

極上のミントコンディション501XXの紹介でした。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »