リーバイス 506XX(通称1stジャケット) ボタンの表と裏が銅製 超レア物かも?

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。


・インスタグラム復活しました、、、
アカウントは hands.on.denim です。

https://www.instagram.com/hands.on.denim/?hl=ja

今回紹介するのはこちらです。

片ポケットのGジャンです。

今更説明不要の 506XX 通称 1stジャケットです。

赤タブは片面刺繍

色が抜けて変色しています。

大戦モデルでも同じような現象が起きています。

リベット刻印は中央寄りです。

1940年代物でしょう。

このGジャンは珍しいディテールを持っています。

わかりますか?

銅ボタン???

胸のフラップも銅ボタン

光の反射で色が変わっています。

素人撮影でスミマセン、、、涙

袖のカフスも銅ボタン

(これが実際の色に近い雰囲気)

そうなんです。

全部銅ボタン!

これは過去ブログで紹介した事があります。

こちらをクリック

前回紹介したのは501XX(ジーンズ)でした。

今回はそのジャケットバージョン。

こうゆうのが存在するんですねー

こうゆう個体差がビンテージデニムの面白い所!

依頼主にこれを説明したら、かなり喜ばれていました。

(そうなんですか? 気がつかなかったです と言われました)

前回と同じく、、、支柱が鉄です。

(通常とは逆パターン)

そして、ボタン裏が銅になっています。

通常は鉄製です、、、過去ブログでもこのようになっていました。

何なのでしょう???

このレアなディテールは、、、

でも、こうゆう事実を知ると再現したくなりますね!

内側をチェックしていると、、、

???

通常は耳(セルビッチ)使いになっている部分が、、、

耳を使わずにロック処理されています!

これも初めて見ました。

これは不思議なGジャンです。

レアなディテールが二つもありました。

残念な事に、シンチバックが外されています、、、涙

当店で制作して取り付けるという案件ですが、、、

シンチ金具で年代判別出来る部分なので、惜しいですね。

リベット刻印で判断すると、戦後モデルだと思います。

リベット刻印 Co(小文字o)だったら戦前の可能性があります。

滅多に見れない、レアなGジャンでした。

また見つかったら、報告しますね。

では!


ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »