リーバイス501XX 最終モデル 隠しリベット無し 小股カンヌキ無し

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。


・インスタグラム復活しました、、、
アカウントは hands.on.denim です。

https://www.instagram.com/hands.on.denim/?hl=ja

今回紹介するのはこちらです。

若干テーパード感のあるストレートです。

66モデル?

フロントはボタンフライになっています。

小股ステッチにカンヌキ留め無し、、、

これは、、、501XXです!

しかし、、、

隠しリベットが付いていません、、、

この後、1966年頃にダブルネーム(501XX-501などの二重表記)になりますが

その直前に隠しリベットが廃止になっているのです。

こちらは 通称 XX最終モデル と呼ばれます。

やっと XX最終 のカテゴリーにふさわしいモデルが入荷して、嬉しいです!

本当に短い期間しか製造されていないので

非常にレアなジーンズです。

1965年頃の製造だと思います。

小股ステッチにカンヌキ留め有り(恐らくズレカンでしょう)

の501XXも存在するとの噂ですが、、、

それはパッチ表記でしか判断できません。

パッチが無くなった場合は、WネームかビッグEという判断になってしまいます。

パッチ無しで XX最終モデルと断言出来るのは

・小股ステッチにカンヌキ留め無し

・隠しリベット無し

の二つの条件をクリアしている物になります。

リベットのチェックをしたのですが

裏のアルミが外れていますね、、、汗

(当店でリペアします)

入荷時から外れている部分もあります。

トップボタン裏は無刻印でギザギザ?のような感じ

フライボタン裏はLだと思います。
(Lは珍しいのでは?)

あと、Vステッチの折り返しが適当に縫ってあります。

ビンテージジーンズの個体差は面白い、、、

サイドステッチは短めですが、、、

使っているステッチは太番手を使っています。

XXらしいディテールです。

後ろ身頃チェックします。

紙パッチは欠損しています。

アーキュエイトステッチのカーブは深めですね。

イエロー綿糸?

こちらもかなり欠損して、わかりません、、、汗

センターループはど真ん中に戻ります。

1962年頃のギャラ無しモデル辺りから、戻っています。

(ギャラ無しでもループずれはあるようですが、、、)

色落ちをチェックします。

しっかりと縦落ちしています。

最終モデルでも生地感はXXですね。

しかし、やっと最終モデルに出会えました。

これで各カテゴリーは ほぼ埋まったのでは?

各カテゴリーの 投稿コンプリート まで、もうちょっとですね。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »