リーバイス684(ビッグベル)オレンジタブ スモールe ボタン裏8 1975年製

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

・インスタグラム復活しました、、、
アカウントは hands.on.denim です。

https://www.instagram.com/hands.on.denim/?hl=ja

今回紹介するのはこちらです。

ヒザから極端にフレアしているのでベルボトムタイプです。

リーバイスのベルボトムで有名なのは 646 という品番です。

私も20代のスリム体型の時は、646を穿く事もありました、、、懐かしい

(ヒッピー系ファッションが好きな時もありました)

スソ幅が約29センチもあります、、、汗

これは 646なのか?

646ってこんなに広がっていたかな?

後ろ身頃をチェックします。

ダメージがほとんどない、状態の良い古着ですね。

オレンジタブのスモールe です。

これで1973年以降だと思います。

※オレンジタブのビッグEで 内タグ表記1975年製 というのも見た事あります。

オレンジタブのビッグEは赤タブよりも切り替わるのが遅かったように思います。

綺麗な縦落ちをしていますね。

501で言うと、66前期モデル(1973年~76年)のような縦落ちです。

やはり70年代っぽい感じがします。

プリシュランクデニムを採用しているので

トップボタンは銅色です。

ジッパーは有名な タロン42 を使っています。

ボタン裏 8 でした。

この 8 というのは年代判別で重要かもしれません。

501の場合は ボタン裏が3桁に変わったのが 1981年頃です。

ざっくり書くと、、、

ボタン裏 1桁数字だと 1980年以前(16は例外)

ボタン裏 3桁数字だと 1981年以降 ということになります。

ジッパーの裏側もチェックします。

USA刻印があります。

(復刻はUSA刻印がありません)

さて、、、最後に答え合わせをしましょう!

内タグをチェックします(赤線部分に注目)

まずは、品番ですが 684 でした!

実は依頼主さんも知らなかようです(646と勘違いされていました)

646(ベルボトム)よりも更にスソがフレアしたタイプで

通称 ビッグベル と呼ばれています。

・ベルボトム→鈴のようなスソ

・ビッグベル→デカい鈴

直訳すると、こんな感じ(笑)

次に 数字の 5が年なので

(左にある月の数字が消えて読めない、、、汗)

1975年製でしょう。

そして、右の 8 というのが製造工場番号(ボタン裏と一致します)

これで全ての謎が解けたと思います。

スッキリしました!

1970年代のヒッピームーブメントの中で

誕生した684 ビッグベルです。

当時の若者の個性をアピールするには

646のフレアでは 物足りない人がいたのでしょう。

このジーンズを今穿くと、かなり目立つと思います。

(個性を出すには良いアクセントですね)

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »