リーバイス517 ビッグE 極上品 ボタン裏8 最初期のデカ文字パッチ 1971年製?

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

英語翻訳機能(グーグル翻訳)を追加しました。

PC画面はページ右横に切り替えボタンがあります。

スマートフォン画面だと、ページ下に切り替えボタンがあります。

English translation function (Google translation) added.

PC screen has a switch button on the right side of the page.

The smartphone screen has a switch button at the bottom of the page

今回紹介するのはこちらです。

ワンウォッシュのデッドストック?

極上品だと思います、、、焦

細めのシルエットですね、品番はなんでしょう?

フロントはジッパーフライのようです。

トップボタンは銅色

ジッパーフライはタロン42です。

という事は、、、505かな?

帯は上下チェーンステッチなので

先端は並行ステッチになっています。

(上下のチェーンステッチを留める役割)

トップボタン裏は 8 でした。

8番工場という意味です。

後ろ身頃をチェックしていきましょう。

こちら側も全く色落ちしていないです。

かなりの極上品ですね。

ビッグE です。

V の幅が左右違います。

不均等V、片細V なんて呼ばれています。

紙パッチもバッチリ残っていました!

品番が517(ブーツカット)です、、、505(ストレート)じゃなかった。

実はこれ、、、入荷時からシルエット変更されてストレート風になっていたのです、、、驚

(当店でやったシルエット変更ではございません)

次に注目すべきは、、、デカ文字です。

もうちょっと年代が進むと 文字が小さくなって

その文字上に care~ の注意事項が記載されます。

その  ケア表記が入ると 66モデルと呼ばれます。

66モデルの初期は ビッグE なのでこれを 66ビッグE と呼びます。

517のデビューは1971年です。

66ビッグEは1973年初頭までだったと思います。

なので、これは517最初期の1971年製の可能性が高いです。

517のデカ文字パッチはかなりレアだと思います。

(この後すぐに66ビッグEになるから)

他品番もこの頃はデカ文字を採用していますが

他品番は前から存在していたので、デカ文字の期間が長かったはずです。

517のデカ文字期間は本当に短いと思います。

(517マニアは絶対に欲しい一品でしょう)

確認の為に、スレキ(袋布)をチェックします。

66モデルだとここにプリント(洗濯の注意事項が)が入ります。

やはり、有りません。

アウトシームの縫製もシングルステッチです。

66ビッグE~スモールe になると チェーンステッチになります。

(ここはあえてチェックしなくても良い部分ですが、苦笑)

このジーンズと同じ年代の517を過去ブログにUPしていました。

こちらをクリック

しかしこちらは状態が悪くて、パッチの読み取りが不可能でした。

今回のはパッチの文字が完璧に読み取り出来たことが嬉しかったです。

(内容が重複していますが、あえてUPしてみました)

それでは!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »