リーバイス501 ビッグE Aタイプ Vステッチ フロントズレカン 16ボタン 

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

フロントの部分カンヌキがずれた状態で縫ってあります。

通称 ズレカン です。

このディテールだけで、大体の年代が特定されるんですよ、、、

それは、、、1967年位です。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

コインポケットに耳は使っていないですね。

コインポケット裏がシングルステッチです。

ここがチェーンステッチになっている方が、年代は新しいですね。

501は全ての部分において、それが当てはまります。

1900年頃はオールシングルステッチだったという歴史がありますから、、、

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

フロント帯上はシングルステッチで

終わりがVステッチの止めになっていますが、、、

このVステッチ凄くないですか!?

ここまで下に縫っているのは初めて見ました、、、焦

温故知新とはこの事では?

ビンテージデニムを見ると新たな発見があって面白いものです。

(実在した物をデザインとして使えます)

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタン裏は16でした。

レアな16工場です。

あのVステッチは16工場だから出来たのかも???

ちょっと故意にやっている感もあります。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

アーキュエイトステッチの角度が深いです。

Exif_JPEG_PICTURE

ステッチのピッチが広いです。

バックポケット入口と同じミシンだったのかも?

もう少し後で、このステッチのピッチがかなり狭くなるはずです。

Exif_JPEG_PICTURE

もちろんビッグEです。

Vの幅が左右不均等(片細V)です。

幅が均等Vでもあり得る年代なのですが、、、

(ちょうど移行期かも)

Exif_JPEG_PICTURE

紙パッチがないのが残念なのですが、、、

持ち主さまから情報を頂きました(感謝)

これは購入時にパッチが残っていまして Aタイプ だそうです。

これはちょっと意外でした、、、

フロントのズレカンだったので、Wネームを疑っていました。

でも、Wネームだと 赤タブは均等Vになっているかもしれません。

まあ、タイプ物の初期モデルという感じですね。

1967年頃で間違いないと思います。

では!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »