リーバイス501XX 片面タブ 1947モデル 前期型 超レアなトップボタンが銅?

ジーンズリペア&リメイク hands-onの裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのは

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ボタンフライなので501

前股(小股)の補強カンヌキ無しなので 501XX です。

(マニアックな判別法です)

Exif_JPEG_PICTURE

サイドステッチが異様に長いです。

という事は、、、あれか

(マニアさんならこれで大体わかりますね)

Exif_JPEG_PICTURE

リベット刻印が中央寄りです。

そして、CO(大文字O) なので1940年代確定です。

Co(小文字o )だと1930年代の可能性あります。

Exif_JPEG_PICTURE

裏側をチェックします。

Exif_JPEG_PICTURE

リベット裏は銅製

(スレキにサビが滲んでいないので、間違いないです)

Exif_JPEG_PICTURE

隠しリベットは鉄製の銅メッキです。

銅が部分的に剥がれて鉄が見えています。

そして、サビが下生地に滲んでいます。

このジーンズのとても珍しいディテールが1か所あるんです。

それが、、、

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタンが銅!?

なんじゃこりゃ!

Exif_JPEG_PICTURE

裏を見ると

支柱は鉄で

表面のカバー部分が銅なんです。

不思議ですよね。

ボタンの付け替えかも?

Exif_JPEG_PICTURE

当時のオリジナルのままです。

この年代特有のぷっくり膨らんたドーム状です。

付け替えられた跡もありません。

何なんでしょうね?

このボタン、、、

リーバイスの歴史的に言うと

トップボタンが銅は

ジッパーフライが採用されたプリシュランクデニムからで

551ZXXに最初に付いたはず。

(1963年デビューだったはず、、、)

なのに1940年代にこのボタンがあったなんて

どうゆう事でしょう、、、

エラー品?

Exif_JPEG_PICTURE

ちょうど同じ年代の501XXがあったので(サイドステッチ長いですね)

そちらのトップボタンと比較してみます。

Exif_JPEG_PICTURE

やはり鉄です。

Exif_JPEG_PICTURE

支柱が銅になっています。

という事は、、、

さっきのと逆パターンです。

ここからは勝手な想像です。

ボタンの製造段階で

材料の銅と鉄が何らかの理由で入れ替わったのでは?

そして、この逆パターンのボタンが正規品に混ざってしまった、、、汗

当時の検品の精度は低かったと思われるので

(1940年代は完全に労働着の時代ですし、、、)

このままスルーして、販売されたのでは?

こんなエラー品?もビンテージ古着を楽しめる部分ですよね。

色んな想像が出来てしまいます。

(真実は当時の生産者しかわかりませんので、、、)

Exif_JPEG_PICTURE

まだ後ろ身頃をチェックしていませんでした、、、汗

Exif_JPEG_PICTURE

アーキュエイトステッチ入り

シンチバック無し

戦後のモデルになります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

片面タブなので1947年モデルです。

Exif_JPEG_PICTURE

太幅のループがセンターセット

Exif_JPEG_PICTURE

革パッチの欠片も確認できました。

片面47モデルの年代をチェックするには

もう1か所あります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

フロントの持ち出しというパーツの先端です。

折り込みになっていました。

ここが切りっぱなしだと、大戦モデルに近い

47の最初期だと言われています。

総合的に判断して

1940年代は間違いないと思います。

47モデルの前期型ではないでしょうか?

しかし、今回のはレアなボタンでしたね。

面白かったです。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »