リーバイス646 66ビッグE 1973年5月製? 8番工場 デッドストックをリサイズした作品 約2年穿き込み

ジーンズリペア&リメイク hands-onの裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

タイトルにリーバイス646 と書いていますが

シルエットが全然違いますよね、、、

全部解体してリサイズとシルエット変更した作品になります。

私物ジーンズの紹介です。

この時の事は旧ブログにて紹介しています。

リサイズ前 → こちらをクリック

リサイズ後 → こちらをクリック

よかったら、ご確認をお願いします。

自分サイズのビンテージジーンズを

デッドストックから穿き込みしたいという願いが叶いました!

完全オリジナルではありませんが、色落ちは十分に楽しめますよ。

穿き込み期間は約2年です。

洗濯回数は???

2週間に1回位でしょうか、、、

仕事でガンガン穿いているので

ホコリまみれになります。
デッドストックのジーンズだから大切に穿く とかそんな感覚じゃないです。

解体リサイズして完全オリジナルの価値は失っているので

まあ気楽なもんです。

それでは色落ちのアップいきます。

Exif_JPEG_PICTURE

フロントのヒゲはボチボチ出ました。

しかし、ヒゲ落ちさせるとか意識していません、、、苦笑

ライフスタイルに沿った自然な色落ちになればそれで満足です。

Exif_JPEG_PICTURE

前立てのアタリが強烈です。

ジッパーフライ特有のアタリが出ました。

Exif_JPEG_PICTURE

コインポケットは別生地を使っています。

(オリジナルの646にコインポケットはありません)

今回はポケット端を耳(セルビッチ)使いにしています。

リベット表は 501ビッグEのビンテージパーツ から再利用しました。

作った当時はYKKの既製品に交換しましたが

リベット表再利用の技術をマスターしたので

後で、ビンテージパーツに戻しました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右の太ももの色落ちです。

左ひざを床につく という癖が色落ちに表れています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

アップで見ていきましょう。

同年代の501のような わかりやすい縦落ちはしていません。

縦糸のムラ感は少ないです。

フラットな印象です。

オレンジタブ専用のデニム特有の色落ちかもしれませんね。

アウトシームは脇割り(耳ではない)なので

明確なアタリは出ませんでした。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右のスソです。

ブリブリのパッカリングが出ました!(喜)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

もちろんチェーンステッチ仕上げなのですが(綿糸)

あの有名なユニオンスペシャル43200G(スソ上げ専用機)を使っていません。

当時はまだユニオン432を持っていませんでした、、、涙

よってブラザーのチェーンステッチミシンを使いました。

(これもけっこう古いのですが、、、1970年代?)

手でウネリを出しながら、気合と根性で縫っています、、、汗笑

ミシンの設定も色々と研究しました。

結論から言うと、ユニオン432じゃなくても

このようなスソのアタリは出せます。

でも、手作業なのでかなり大変です。

今はユニオン432の自動ウネリで楽しています、、、

(自然にウネリが出るようなミシン構造になっているからです)

ビンテージブーム以前(1980年代)はユニオン432特有のウネリが

美しくないとされていて、メーカーからクレーム対象だったそうです。

なので当時のミシン屋さんは、

ウネリが出ないように工場のユニオン432をカスタムをしていたそうです。

(1980年代のジーンズは新品でシングルステッチ仕上げが多いかも?)

なので当時工場では ユニオン432は駄作だ(綺麗に縫えない)という扱いで

中古はかなり安値で取引されていたそうです。

(1台5万円で買ったという人を知っています)

話がそれてスミマセン、、、

Exif_JPEG_PICTURE

お尻周りを見ていきましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

XX仕様で縫ったので、オール綿糸の縫製です。

節々にパッカリングが出ています。

ベルトループも中央にアタリが出ていますね。

自然な中盛りになっているようです。

(マニアが好む部分)

Exif_JPEG_PICTURE

お約束?

隠しリベット上が擦り切れています。

そして、タブがくるっと丸まっています。

(マニアが好む部分)

Exif_JPEG_PICTURE

Vの幅が左右均等(通称 均等V)

なので、レーヨン素材?

ポリエステル素材だともっとツヤがあるような、、、

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ヒザ裏からスソに向かってです。

ヒザ裏のヒゲも意識していませんが

自然にちょっとだけ出ましたね。

Exif_JPEG_PICTURE

右足のサイド部分がピンポイントで色落ちしています。

これはミシンの押さえを上げるレバーの擦れです。

ミシン仕事でジーンズを穿くとこのようになります。

あと、この部分はけっこう縦落ちしています。

この自然な感じが気に入りました。

以上です。

オレンジタブのビッグEをデッドストックから穿き込みは

初めてだったので、嬉しかったです。

これからもガンガン穿き続けていきます。

では!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »