リーバイス 506XX(1st)Gジャン 針無しシンチ金具 リベット刻印全体

ジーンズリペア&リメイク hands-onの裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

またまた、506XX(1st)Gジャンになります。

ソデ先がカットオフされています。

当店でうまい事リメイクしようと思っています、、、

Exif_JPEG_PICTURE

1stという事で、、、

左胸の片ポケット仕様となります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

赤タブですが、1stなので片面タブになります。

今まで紹介した赤タブと比べると、色味が違いませんか?

染めが濃くなっていませんか?

(画像よりも現物を見ると、もっとそれが顕著です)

過去ブログで507XX(2nd)の初期型 片面タブを紹介しています。

こちらをクリック

これを見ると、デニムはかなり色落ちしていますが

赤タブだけは色が濃いままになっています。

Gジャンの1st~2nd への移行期(1952年頃)に赤タブの

染色方法が変わったのでは?と推測します。

1953年頃から両面タブになるのですが、

両面タブの古着も色は濃いままになっているんですよね。

(同じ染色方法だったと思われる)

さて、このGジャンのディテールをチェックしてみましょう!

Exif_JPEG_PICTURE

胸ポケット部分のリベットです。

刻印が全体に広いです。

こうなると 1950年代だと思います。

やはり506XX(1st)の最終モデルなのでしょうか?

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ボタン裏ですが、ドーム型で膨らんでいます。

しかし、、、刻印が入っていませんか?

Exif_JPEG_PICTURE

別のボタンをチェックします。

これは はっきりと 17刻印 だとわかりますよね。

1950年代になると、ボタン裏がフラットになって

刻印が入ると思っていましたが、

※リンク先の 507XX(2nd)の初期型はボタン裏が17刻印でしたね。

そうじゃないようです。

これはボタン裏の刻印が入りだした、最初期だと思います。

嬉しい発見でした。

この506XX(1st)は 507XX(2nd) への移行期に作られたのでは?

1952年製?

そんな予測さえしてしまいそうな一品です。

Exif_JPEG_PICTURE

後ろ身頃をチェックしましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

506XX(1st)の最終モデルになるので

やはり、針無しシンチ金具でした。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

リベット刻印をチェックします。

やはり全体に広いタイプです。

※刻印が全体に広いタイプは両面刻印になっていて、彫りの深さが表裏で違います。

(リベットが2種類あるのではなくて、セットする向きによって違いが出ています)

ちょっとここで、あることに気づきませんか?

リベットの先端がシルバーになっているという事に、、、

このGジャンの着用者がウエストを擦るような着方をしていたのでしょうね。

先端が削れています。

(メッキが剥がれたような感じが)

ちょっと待ってくださいね。

リベット素材が銅製から鉄製の銅メッキに変更されたのは

1953年~54年頃(両面タブの革パッチ期)だという検証結果がありました。

(当店独自の判断方法)

これが1stにも採用されていたとなると

年代がずれてしまいます、、、汗

(1stは1952年までの製造だったので)

磁石テストをしてみましょう!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

磁石に反応しました!

下地が持ち上がっているのがわかります?

やはり予想通り、、、鉄製の銅メッキだった、、、汗

(胸ポケットのリベットも磁石に反応しました)

そうなると、今までの検証が違ってしまいます。

何なんだ?

このGジャン???

イレギュラー製造?

1953年頃になっても1stを製造していたとか?

しかし、そうなると片面タブはおかしい、、、

こうゆう事があるのがリーバイスのビンテージ古着。

レアケースだと思います。

今後もリベットの素材調査は引き続き、行っていきます。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »