リーバイス507XX(2nd) Gジャン 後期型 紙パッチギャラ入り ウエスト上下チェーンステッチ

ジーンズリペア&リメイク hands-onの裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

前回に引き続き、507XX(2nd) Gジャンです。

胸ポケットが二つになると2ndですね。

Exif_JPEG_PICTURE

紙パッチの欠片があります。

前回ブログに書きました、後期型です。

紙パッチのギャラ入りというやつです。

製造年は 1955年~62年頃になります。

なぜギャラ入り確定かというと

次の557XX(3rd)Gジャンの初期モデルがギャラ入りだからです。

なので旧タイプの 507XX(2nd) Gジャンの紙パッチはギャラ入りなのです。

※ギャラ無しの2ndというのも極まれにあるようです、、、それは例外という事で

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

確認になりますが、紙パッチなので両面タブです。

1953年の革パッチから両面タブになります、、、

Exif_JPEG_PICTURE

後期型の特徴は他にもあります。

ウエスト上下がチェーンステッチになります。

ステッチが抜けてしまっていますが、間違いなくチェーンステッチです。

※チェーンステッチは連鎖して抜けるので、このようになっている事があります。

Exif_JPEG_PICTURE

ここはステッチが残っていましたね。

ボタン裏は何番でしょうか?

Exif_JPEG_PICTURE

17番?

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

リベット裏が銅褐色なのもギャラ入りの特徴です。

(裏からの打ち抜きリベットです)

501XXと同じですね。

Exif_JPEG_PICTURE

磁石に反応しました!

鉄製の銅メッキリベットになります。

私の経験では

1953年~54年頃に

銅製から鉄製の銅メッキに変更になると思っています。

(革パッチの最終頃です)

なので、両面タブ 2nd のパッチが無い場合に

リベットの磁石テストをして、反応が無い場合は銅製リベットになります。

そうなると革パッチが確定だと思います。

(1953年以前が確定だと思います)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

2ndはパッチを縫い付ける裏のステッチがオレンジ系です。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらは私物の 557XX(3rd)Gジャンです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

裏のステッチがネイビー系になっています。

3rdになると作業着からファッション着の時代に入ります。

パッチ裏のステッチは生地の色に合わせたのでしょうね。

そちらが統一感があって、スッキリ見えます。

ちょっと気づいたいので、ネタにしてみました。

リーバイスのビンテージはジーンズだけではなくて

Gジャンの歴史も面白いです。

Gジャンもまだ沢山ネタがあるので、色々と紹介したいです。

では!


ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »