リーバイス 805 ビッグE 並行ステッチ ボタン裏8 耳付き

ジーンズリペア&リメイク hands-onの裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

色落ちが少ない 極上ビンテージです。

前回の裏ブログで紹介したお客様から見せて頂いたジーンズを

もう1本紹介します。

今回もかなりのレア物ですので、、、お楽しみください

Exif_JPEG_PICTURE

ここまでの画像でこのジーンズの品番が分かった人はかなりのマニアです。

股上が浅い作りをしている特徴があります。

そして、テーパードしていないドカンのような真っすぐなストレートです。

※持ち主はこの独特のシルエットが大好きらしいです。

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタンは銅褐色でジッパーフライです。

有名なタロン42が付いています。

505の股上が浅いバージョン?

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

リベット裏がアルミ製の被せリベット仕様です。

右側の無刻印は当店で交換しています。

(表側の再利用に成功しました)

Exif_JPEG_PICTURE

いきなり答えいきます!

Exif_JPEG_PICTURE

805です。

805???

何ですか???

私も805の現物は初めてみました。

製造期間が非常に短かったといわれる805です。

詳しい事はまだ解明されていないようです。

レア品番です。

ネット上の噂では、505は股上が深く、ヒップが大きい欧米人向けだったので

ヒップが小さい日本人向けに作られたのでは?

そうゆう推測もあります。

この紙パッチですが

意図的にハサミで切られているように見えませんか?

自然に穿いていて、このようにならないと思います。

(理由は後で説明します)

Exif_JPEG_PICTURE

赤タブはビッグE

Vの幅は左右不均等です。

これだけで1966年~73年頃の製造だと絞れるディテールだと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

この805ですが、アウトシームに耳を使っています。

持ち主曰く、805の耳付きはレア物らしいです。

Exif_JPEG_PICTURE

さらに見て欲しいのが、この赤耳です。

赤線が二重になっていますね。

凄いディテールです、、、これは初めてみました。

激レアだと思いますよ!

(マニアの持ち主が、かなり珍しいと言っていましたから、、、汗)

Exif_JPEG_PICTURE

裏からもチェックしていきましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタン裏は8 でした。

8番工場です。

505、517、646など 当時のジッパーフライ仕様に多い8番工場ですね。

帯裏は上下チェーンの並行ステッチ止めです。

1970年代の可能性が高いです。

(ウエスト上シングルのVステッチ止めだと、1960年代の可能性が高い)

Exif_JPEG_PICTURE

右前ポケット裏のスレキ(袋布)部分です。

上に赤いスタンプが押してあります。

IRREGULAR と書いてあるように見えませんか?

イレギュラーとは当時のB品に付けられていた物です。

なので、紙パッチがあのようにハサミでカットされていたのかもしれませんね。

タブをカットしてあるイレギュラー品も見たことあります。

非正規品扱いかもしれません。

もしかして、赤耳の二重線がイレギュラーの原因だったとか???

勝手な予測ですが、、、

Exif_JPEG_PICTURE

下には謎の数字が並んでいます。

ここの上に洗濯(縮率)に関する注意事項のスタンプがあると

66モデル(66ビッグE)だと言われていますが

これにはありません。

ビッグEから66ビッグEへの移行期?

しかし、数字のスタンプがあるので

66ビッグEに近い年代だと思われます。

このような事から

1972年頃に製造された物だと思います。

※謎の数字の左から3番目 53 というのが怪しいです。

1973年5月かな? なんて思ったりもしますが、、、

紙パッチにも CARE~の表記がありませんし

66ビッグEとは言えないと思います。

曖昧な書き方でスミマセン、、、

以上です。

持ち主様、非常に珍しい物を見せてくださり

ありがとうございました!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »